個人が自分の遺伝子情報を知る──。そんな「パーソナルゲノム」の時代が到来した。かつては遺伝性疾患の診断に使われてきた遺伝子検査が、個人向けに提供されるようになった。こうしたサービスの登場で、最近では、個人が自分の遺伝子情報から疾患リスクや体質を知った上で、健康づくりに役立てる動きが出てきている。

 実際、米国で遺伝子検査を受けた人の数は、特に2018年以降急激に増加した。解析コストが下がっていることや、遺伝子研究が進んで検査で分かることが増えたことで、需要が増していると見られる。かつては100億円かかっていた全ゲノム解析が今やわずか数万円で可能になり、いずれは1万円で解析できる“100ドルゲノム”の時代が訪れるだろうといわれるほどだ。

米国における遺伝子検査を受けた人の推移(写真:メディア向け説明会のオンライン画面キャプチャー、以下同)

 国内では、ジーンクエストがいち早く、2014年に個人向けゲノム解析サービスを提供し始めた。唾液を検体とし、体質や健康リスクが解析できるサービスである。

 パーソナルゲノムの時代には、遺伝子情報はどんな領域に活用され、どのようなサービスに応用できる可能性があるのか。ジーンクエスト 代表取締役 兼 ユーグレナ 執行役員の高橋祥子氏は、2021年2月5日に開催された「ゲノム解析が医療・ビジネスへ引き起こすイノベーションと未来の可能性」と題したメディア向け説明会に登壇し、ゲノム解析の動向について解説した。

ジーンクエスト 代表取締役 兼 ユーグレナ 執行役員の高橋祥子氏