兵庫県西脇市は、2021年5月、地上4階建ての複合施設「オリナス」をオープンした。新築移転した市庁舎、ホールやスタジオがある市民交流施設、地元医師会や地域包括支援センターなどが入居する健康福祉連携施設で構成され、「健康交流」「地域交流」「観光交流」の3つの機能を併せ持つ。取り組み中の「健幸都市にしわき」の実現に貢献するとともに、同じ場所にあって接触する機会が増えることで、健康・医療分野の公民連携のさらなる進展も期待できる。オリナスはもう一つの拠点とともに、新たなまちづくりと賑わい創出の役割を担っている。

2021年5月にオープンした西脇市の複合施設「オリナス」。写真左手奥にある市庁舎の東棟と棟続きで市民交流施設を建設。その裏側には、西脇市多可郡医師会館などが入居する西脇市健康福祉連携施設がある(写真:水野 浩志)
2021年5月にオープンした西脇市の複合施設「オリナス」。写真左手奥にある市庁舎の東棟と棟続きで市民交流施設を建設。その裏側には、西脇市多可郡医師会館などが入居する西脇市健康福祉連携施設がある(写真:水野 浩志)
[画像のクリックで別ページへ]

 緯度・経度が日本の真ん中(東経135度、北緯35度)に位置することから、「日本のへそ」のまちとしてPRを進める兵庫県西脇市。釣り針や綿織物など地場産業が盛んなこのまちで、2021年5月、住民が集う新たな拠点が誕生した。市役所、市民交流施設、健康福祉連携施設が一体化した複合施設「オリナス」だ。建設から約50年が経過し、耐震上も避けられなかった市庁舎建て替えに際し、コンパクトで利便性の高い中心市街地の形成を狙って、南東へ1.5kmほど移転、大型商業施設の跡地に新築した。高速バスターミナルのすぐそばに位置し、大阪の中心部まで1時間半強で行くことができる。

 西脇市には、既に2015年秋にオープンした複合施設「みらいえ」があり、図書館やコミュニティセンターに年間50万人が訪れている。市街地の中心部の西側に「みらいえ」、そして東側に今回「オリナス」をオープンさせた。「東西2つの拠点に、それぞれ50万人が訪れるまちづくりを目指す」と西脇市長の片山象三氏は意気込む。

オリナスを構成する3施設の建物の位置関係(資料:西脇市)
オリナスを構成する3施設の建物の位置関係(資料:西脇市)
[画像のクリックで別ページへ]
オリナスの位置図。東のオリナスと西のみらいえ。西脇市は2つの拠点で地域活性化を押し進める(資料:西脇市)
オリナスの位置図。東のオリナスと西のみらいえ。西脇市は2つの拠点で地域活性化を押し進める(資料:西脇市)
[画像のクリックで別ページへ]

 「オリナス」の基本コンセプトは、(1)震度6強の地震にも耐えられる免震構造の市庁舎東棟の建設など「市民の安全・安心な暮らしを支える」、(2)市民の利用が多い窓口関係の部署を低層階に集めて配置するなど「暮らしに身近で、誰もが使いやすい」、それに(3)「まちの未来を創り、交流の拠点となる」の三つ。(3)では、「健康交流」「地域交流」「観光交流」の3つの機能で賑わいづくりや地域の活性化を狙っている。

西脇市長の片山象三氏。市庁舎の建て替えを新しいまちづくりの絶好の機会を捉え、様々な工夫を盛り込んだ(写真:水野 浩志)
西脇市長の片山象三氏。市庁舎の建て替えを新しいまちづくりの絶好の機会を捉え、様々な工夫を盛り込んだ(写真:水野 浩志)