「DIY都市」における多用な市民参加──Code for Japan・関代表理事

 Code for Japan代表理事で、政府CIO補佐官を務める関治之氏は、「私はもともとITエンジニアで、ITという技術を使って地域を良くしたいと考えて活動をしてきた。ただ、『自動運転や遠隔医療、ドローンなどが普及して世の中が便利になる』といった未来像については、『便利=幸せ、ということではないのでは?』と疑問を感じた」という。

 関氏は、「こうした未来像では、テクノロジーの進化が「お客様」「消費者」の感覚で活用されることによって、よいまちが出来上がっていくということになっている。だが、それだけは地域の豊かさを逆に殺しかねないのではないか」と懸念する。そうではなく、自ら手を動かすことが大事だ考えた関氏らがCode for Japanで提唱・展開しているのが「DIY都市プロジェクト」(DIY=Do It Yourselfの略)だ。ここでは、①幸せなまちの在り方のKPI化、②市民参加型のまちづくり推進、③複数自治体が相乗りできるDIYのためのツールセットをつくることに取り組んでいるという。

 関氏は、バルセロナなど海外で多く活用されているオープンソースの参加型民主主義のツール「Decidim(デシディム)」を日本語化して活用していく取り組みを紹介。既にデシディムを活用している兵庫県加古川では、地元の高校生など10代の参加者が約4割、スマホからのアクセスが6割を超えるなど、これまでのやり方ではリーチできなかった市民も積極的に議論に参加している状況を紹介した。さらに「オフラインのワークショップの内容もデシディムのプラットフォーム上に載せていくことがきる。デジタルが苦手な人たちも含め、多様な人たちに参加してもらうことで、住民の政策リテラシーは上がっていくだろう」と関氏は、参加型のまちづくりに期待を寄せる。

(セッションにおける関氏の発表資料より)
(セッションにおける関氏の発表資料より)
[画像のクリックで別ページへ]