医療や介護現場の課題に対し、ヘルスケア事業を手掛けるベンチャー企業に自分たちのソリューションを提案してもらい、解決を図っていく──。そんなことを目指したオンラインイベントが2021年2月26日に開催された。

 主催したのは、埼玉医科大学グループの埼玉医療福祉会。病院や介護施設等を運営し、ベッド総数1300床、職員数約1300人に上る大規模な社会福祉法人だ。同法人では、創立130周年記念を迎える2022年に向け、SDGs推進の観点から、ヘルステックを活用したサービスの質向上と職員の働きやすさの追求に取り組む方針を掲げている。ただ、これまでヘルステック系企業との接点が少ないという弱点があった。

 そこで取引先の埼玉りそな銀行に相談したところ、近年ヘルスケアベンチャーの育成・支援に積極的な関東経済産業局を紹介され、情報交換。法人のニーズを伝えると、同局が仲介役となって、その内容に合いそうなソリューションを持つベンチャー企業に声かけをして、各社のサービス内容をプレゼンしてもらうオンラインイベントを開催する展開になった。

オンラインイベントの様子。協力した関東経産局や埼玉りそな銀行も参加。登壇企業や埼玉医療福祉会の現場とはオンラインでつなぎ、活発な意見交換が行われた(写真:Beyond Health)