静岡県裾野市、静岡大学サステナビリティセンター、静岡大学情報学部、静岡県弁護士会は2021年2月28日、先端学術シンポジウム「裾野市の未来とスマートシティ-AIと法の観点から-」を共催した(後援は静岡県)。当日は、リモート会議ツールのZoomを使用した遠隔形式で開催され、静岡県第1区選出の上川陽子衆議院議員・法務大臣の録画挨拶に続いて、裾野市の高村謙二市長が登壇。「スソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ(SDCC)が拓く未来社会」と題して、SDCC構想の概要やスマートシティの実現に向けて進行中の取り組みを報告した。

裾野市の髙村謙二市長(シンポジウムのオンライン画面より)

 スソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ構想(SDCC構想)は、裾野市が2020年3月に発表した次世代型近未来都市構想。トヨタ自動車が2020年1月に発表した「Woven City(ウーブン・シティ)」構想を受けて、豊かな自然と調和する次世代型近未来都市の構築を目指している。Woven Cityは2020年末に閉鎖されたトヨタ自動車東日本東富士工場跡地建設される。2021年2月23日に着工(関連発表)した。

 基本的にはSDCCとWoven Cityは別のプロジェクトであるが、裾野市は両者の連携を目指している。そして、Woven Cityの実現に「最大限の支援を行う」(高村市長)ことを表明。2020年12月には東富士工場跡地の用途地域を工業専用地域から準工業地域に変更し、研究開発拠点としての位置付けを行っている。

トヨタ自動車東日本の東富士工場跡地と用途地域変更(出所:シンポジウムでの高村市長のプレゼン資料)

 2021年2月23日に着工(トヨタの発表資料)した「Woven City」の周辺では、職住近接の新規分譲住宅約100区画の建設にも着手。2020年8月に着工して、2021年1月25日に一部区画の販売を開始した。Woven Cityの最寄り駅となるJR岩波駅では2017年度からエレベーター設置などのバリアフリー化、混雑緩和対策となる上りホームと跨線橋の新設工事を実施しており、2021年3月までにすべての工事が完了する。