SDGs(持続可能な開発目標)を政策に取り入れる自治体が増える中、ユニークな施策の実行で注目を集めているのが福井県だ。2021年は、内閣府の「SDGs未来都市」に選定されたことに加え、「新・公民連携最前線」が調査した都道府県「SDGs認知度ランキング」でも、住んでいる都道府県のSDGs推進の取り組みに対する「SDGs施策認知度」と「総合認知度」で共に全国1位となった。2019年より県知事を務める杉本達治氏に、福井県がSDGsに注力する理由と施策を成功に導くポイントを聞いた。

杉本達治・福井県知事(写真:福井県提供、以下同)
杉本達治・福井県知事(写真:福井県提供、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

福井県は2021年度の「SDGs未来都市」に選定されています。SDGsの推進・普及について、これまでどのように進めてこられたのでしょうか。

 SDGsを進める上で重要なのは県民との協働であり、大きな推進力を生み出すためには県と県民がビジョンを共有することが必要だと考えています。その意味で、「SDGs未来都市」に応募し、未来都市計画を策定しました。計画の土台となったのは2020年7月に策定した「福井県長期ビジョン」です。

 私が職員たちに常々伝えていることは、「主役」は常に県民であるということ。県民の皆さんが、今どんなことに悩み、将来どんな福井県にしたいと考えているのか、現場を見て実際の声を聞く「徹底現場主義」が大切だと話しています。

 「福井県長期ビジョン」も、県内の各地域を回り、5000人以上の県民と意見交換しながらつくり上げたものです。様々な世代・立場の県民と共に考え抜いた福井の基本目標は「しあわせ先進モデルふくい」の実現で、まさに「誰一人取り残さない、多様性と包摂性のある持続可能な社会」というSDGsの基本理念と合致しています。福井県が目指す姿を達成するには、SDGsの考え方が不可欠であり、分野別の施策すべてにSDGsの17のゴールをリンクさせています。

 さらに2020年からは、県の予算の発表資料にも、それぞれの主要事業とSDGsのゴールとを明確に紐付け、SDGsの達成を意識した執行を心がけています。こうした県政運営の結果、福井県が進めようとしているSDGs施策が、多くの県民に認知されていることは大変うれしく思っています。

「SDGs未来都市計画」の中心に据えられている「次世代の育成」というテーマは、地方創生の大きな課題ですね。

 進学や就職を機に、若者が地元から大都市圏へ流出してしまうのは、どの地方にも共通する課題です。「SDGs未来都市計画」でも、「県内高校卒業生の県内大学進学率」と「県内大学等の卒業者の県内就職内定率」をKPI(重要業績指標)として設定しています。

 福井県の場合、大まかに言うと、大学等へ進学する高校生4000人のうち、毎年二千数百人が県外に進学している状況で、つまり現在の県内大学進学率は全体の3分の1程度です。これを将来的には2分の1まで増やしたい。県内の大学と高校等との連携を強化すると共に、農や水産増養殖を学ぶ学科や、古生物関係の学部の創設など、福井の特色を生かした魅力ある大学づくりを進め、内外にアピールしていきたいと思います。