成人して、自分の銀行口座を持つ。就職したら給料はその口座に。一人暮らしが始まればこの口座から家賃が引き落とされ、各種保険の支払いもここに。多くの場合、人生は銀行との付き合いなくしては成り立たない、銀行口座はいわば生活者の伴走者のような存在だ。人生の後半戦をよりよく生きるため三井住友銀行が提案する『SMBCエルダープログラム』とは。同社ライフシフト・ソリューション部の久野天平氏に聞いた。

 自分自身で手続きした私名義の銀行口座を持った時、これで少しだけ大人になったな、と感じたものだった。金融機関の統廃合もあり、銀行名は変わってしまったが、今でもしっかりお世話になっている。

 アラフィフの筆者、こんなに長い間継続して保有・使用しているものは銀行口座以外見当たらない。

 数年前からはこの口座を使ってNISAとiDeCoを始めた。その際、仕組みについての懇切丁寧な説明を受け、おかげで金融機関に対する信頼度が増した。

 たまにシステムの不具合などトラブルはあるものの、日本人の銀行に対する信頼度は高いといえる。ただお金を出し入れするとき以外、銀行やそこに持つ口座のことについて心配することはないし、意識することもあまりない。信頼している証拠なのだろう。

 三井住友銀行が主に高年齢層をターゲットにスタートさせた『SMBCエルダープログラム』は、信頼できる銀行だからこそ手に取りたくなる商品だ。三井住友銀行 ライフシフト・ソリューション部 グループ長の久野天平氏は言う。

 「ご存知のように、我が国では少子高齢化が進んでおり、2040年には50歳以上が人口の半分を超えると試算されています。人生100年時代と言われ始めて久しいなか、我々は18年に『人生100年時代プロジェクトチーム』を立ち上げ、様々な議論をしてきました。そのひとつの成果がSMBCエルダープログラムなのです」

 こうしたサービス開発は通常、本部の商品企画セクションなどが中心になって議論されるのだが、人生100年時代プロジェクトチームには、直接顧客に接する現場の行員たちが多数参加したという。「おかげで、よりお客様目線の商品に仕上がっている」と久野氏は胸を張る。