パナソニックの社内デザインチーム「FUTURE LIFE FACTORY」では、3月25日まで東京・銀座で「DIG UP! あなたと考えるプロトタイプ展」と題し、近年のプロジェクトを展示。その中で、入社7年目の白鳥真衣子氏と6年目の東江麻祐氏は、「性についての普通」に問いかけを発する「YOUR NORMAL」を発表した。男性、女性という固定概念を超え、個「性」に向き合う提案とは?(聞き手は米川 瑞穂=日経BP 総合研究所)

「美容家電=女性専用」ではない

 男性向けの体毛用のトリマーで脇毛の形を整える女性。美容家電のスチームを顔に当ててメイクをする男性。美容機能のついた最新ヘアドライヤーでひげを手入れする男性──。美容家電とともに展示されているこのヴィジュアル(下写真)を見て、一瞬、驚いた人もいるのではないだろうか。「これは男性用」「こちらは女性用」と、私たちは今まで製品を無意識のうちに区分し、それが「普通」であると認識しがちだった。

「DIG UP! あなたと考えるプロトタイプ展」に設けられた「YOUR NORMAL」のコーナー(写真:齋藤 暁経、以下同)
「DIG UP! あなたと考えるプロトタイプ展」に設けられた「YOUR NORMAL」のコーナー(写真:齋藤 暁経、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 2020年4月に本格始動した「FUTURE LIFE FACTORY」は「人々の価値観の変化や社会課題に焦点を当て、これからの豊かなくらしとは何かを問い直す」というミッションを掲げている。その中で、白鳥真衣子氏と東江麻祐氏の若手女性社員2人が、プロジェクトのテーマを「性」に設定したのはなぜなのだろうか。

 「人間の三大欲求のひとつなのに、性について話すのがなんだか後ろめたいのはなぜだろう、と考えたのがきっかけです」と白鳥氏。成長過程で向き合う身体的な変化や男女の関係、ジェンダーバイアスなど、性の問題で悩みを抱える人は少なくない。

 「思春期になっても親には相談しづらい。カップルになっても、相手の身体に何が起こっているかわからない。性についてもっと知り、オープンに語れる社会にできないかと、さまざまな人たちとコミュニケーションを取りながら、プロジェクトに取り組んできました」(白鳥氏)

左から、パナソニック「FUTURE LIFE FACTORY」の白鳥 真衣子氏、東江 麻祐氏
左から、パナソニック「FUTURE LIFE FACTORY」の白鳥 真衣子氏、東江 麻祐氏
[画像のクリックで別ページへ]