あの日本代表選手が受けている栄養指導が受けられる──そんな中高生アスリートの夢をかなえるアプリのテスト運用が始まった。食品やアミノサイエンスなどの事業を展開する味の素が開発した、スマートフォン(スマホ)用アプリ「勝ち飯AI」だ。β版を限定ユーザーに使ってもらい、サービスの有効性やコンセプトの受容性を確認する。

 味の素では、日本代表選手を「食とアミノ酸」によるコンディショニングでサポートする「ビクトリープロジェクト」を2003年から実施している。日常的な栄養管理や情報提供、海外などで行われる合宿・遠征時の食事サポートを通じて、日本のトップアスリートに「なりたい体を目指して食べる」習慣を身に付けてもらい、国際的な競技力向上に役立てようというプロジェクトだ。アスリートの栄養環境を改善するための栄養プログラム「勝ち飯」も実施し、スポーツ栄養科学の実践的な知見やノウハウを蓄積してきたという。

「勝ち飯AI」の献立提案画面。3~4品目の組み合わせが3パターンずつ提案されるので、好みのものを1パターン選ぶ(写真:加藤 康、以下同)
「勝ち飯AI」の献立提案画面。3~4品目の組み合わせが3パターンずつ提案されるので、好みのものを1パターン選ぶ(写真:加藤 康、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 こうしたスポーツ栄養科学の知見やノウハウをより多くの人に提供しようと、ビクトリープロジェクト管理栄養士監修による勝ち飯AIの開発プロジェクトは2018年4月に立ち上げられた。ビクトリープロジェクトでは日本代表といったトップアスリートを対象とするのに対して、勝ち飯AIが対象とするのは部活動などを通じてスポーツに励む一般の中高生アスリートだ。

 同社で中高生本人やその保護者などを調査したところ、明らかになったのはスポーツ栄養科学の実践を“我慢”している、一般の中高生アスリートの姿だった。例えば中高生であっても食とパフォーマンスに関する意識は高く、インターネットや雑誌などを通じ懸命に情報を集めていることが分かった。

 一方で、保護者からは「頑張って食べさせても体が大きくならない。何を食べさせたらいいのか」、監督やコーチからは「うちのような弱小チームでは年に1回の勉強会がやっと。人材がおらず、日常的な栄養指導は難しい」といった悩みの声が上がったという。「スポーツ栄養科学をトップアスリートだけに許される特別なものではなく、一般の中高生アスリートも実践できるように“民主化”したい」──こうした熱い思いがプロジェクトを動かした。

「勝ち飯AI」の開発を担当する、味の素 食品事業本部 生活者解析・事業創造部 新事業グループの勝美由香氏
「勝ち飯AI」の開発を担当する、味の素 食品事業本部 生活者解析・事業創造部 新事業グループの勝美由香氏
[画像のクリックで別ページへ]

 今回のアプリの最大の特徴は、「スポーツ栄養科学に則ってその人に最適化した具体的な献立を出力する点」(味の素 食品事業本部 生活者解析・事業創造部 新事業グループの勝美由香氏)。従来のスポーツ系アプリは、運動による消費エネルギーを提示するものや、その人の身体的なデータ等から必要な栄養素を割り出し記録した食事内容と比べて過不足を提示するものが多く「献立に落とし込んでアウトプットするものは案外なかった」(勝美氏)という。