データ活用に力を入れる味の素

 もう一つ、アプリ開発を進める背景には同社がデータ活用に力を入れていることもある。同社ではレシピデータをブロックごとに構造化しまとめた「レシピブロックエンジン」の開発を進めている。

 勝ち飯AIは栄養素を基準にレシピの組み合わせを変えるという段階のもので、レシピブロックエンジンの機能実証として初めて公表したものとなる。今後もレシピブロックエンジンの開発を引き続き進めるほか、「ダイエットや健康など、より汎用的に献立を個別最適化するアプリも公開していく計画」(味の素 食品事業本部 生活者解析・事業創造部 新事業グループ長の佐藤賢氏)とする。

味の素 食品事業本部 生活者解析・事業創造部 新事業グループ長の佐藤賢氏。「食に対して新たな価値が求められていると同時に、『食のパーソナライズ』へのニーズも高まっている」という
味の素 食品事業本部 生活者解析・事業創造部 新事業グループ長の佐藤賢氏。「食に対して新たな価値が求められていると同時に、『食のパーソナライズ』へのニーズも高まっている」という
[画像のクリックで別ページへ]

(タイトル部のImage:加藤 康)