日本発のグローバル企業である「タケダ」こと武田薬品工業。その“研究の総本山”とも言うべき湘南研究所(神奈川県藤沢市)に、2018年4月、「湘南ヘルスイノベーションパーク」(略称:湘南アイパーク)が出現した。バイオベンチャーやアカデミアが持つ革新的なアイデアを、患者に届く形に実用化(社会実装)する――。そんな構想の下、タケダが湘南研究所を開放することにより設立された産官学連携の場だ。狙いや取り組みなどについて、1年間の成果を含めて追った。

湘南アイパークの外観(写真:剣持 悠大、以下同)

研究所を開放し、研究開発のホットスポットを自らつくる

 約22万m2の敷地に地上10階建てビルディング5棟とエントランス棟が並び、長さ430mにわたる廊下が各棟の各階を貫いている。延床面積は約31万m2を誇る。

 この広大な湘南アイパークの約半分の建屋をタケダが研究所として利用し、残りがテナントとなっている。2019年4月現在、40社が入居。バイオベンチャーをはじめ、国立がん研究センターのトランスレーショナルリサーチグループ、日本IBMなども入居した。タケダの同業としては、あすか製薬に続いて2019年4月に田辺三菱製薬の入居も決定し、3社の製薬企業が研究拠点を置くことになった。

430mにわたる廊下が5棟のビルを貫き、どこのオフィスとも行き来できる
吹き抜けの2階回廊には来訪者とのミーティングスペースが設けられている

 タケダが湘南研究所を開放するに至ったのはなぜなのか――。湘南アイパークのジェネラルマネージャーで医師の藤本利夫氏は、大きく2つの側面が背景にあると話す。

 1つは、タケダの戦略転換にあるという。「タケダには2015年、R&Dトランスフォーメーションという大きな変化があった。手広く手掛けていた研究開発を、がん(オンコロジー)、消化器系、ニューロサイエンス(神経精神疾患)の3領域に集約。加えて、トランスフォーメーションの外部化を推進し、パイプライン(新薬候補)の50%は外部からのシーズで占めていくという戦略に転換した」(藤本氏)。その一環として、自社研究所にバイオベンチャーなどを招致し、育成しながら一緒にイノベーションを実現していこうというわけだ。

湘南ヘルスイノベーションパーク ジェネラルマネージャーの藤本利夫氏

 もう1つは、技術変革の潮流の変化である。世界的な流れとして、製薬企業が大規模な研究施設を持つのではなく、アカデミアやバイオベンチャーなどが数多く集積している都市に研究開発部門を置き、いち早くバイオベンチャーとつながろうとする戦略に変わってきているという。ただし、バイオベンチャーが数多く生まれるような都市が日本にはないのが現状だ。そこで、「タケダが自社の研究所を開放して、研究開発のホットスポットを自らつくってはどうかというアイデアから、湘南アイパークの設立に至った」(藤本氏)。