新型コロナウイルスの蔓延を食い止めるため、政府は全国に向けて緊急事態宣言を行い、対人接触を通常の8割減に抑え込むことを目指した。いまだ緊急事態宣言が解除されていない地域では、いつもはうるさいくらいにネオンが灯る夜の街も、息を潜めるようにしんとしている。スナックやバーのような、いわゆる接待を伴う飲食業は軒並み休業が続いている。「ただ、そうした店が情報交換の場であり、客も従業員も命綱となっている場合もあるのです」と語るのはアライアンサーズ代表の久保わたる氏だ。

上野、浅草のLGBT御用達店を歩く

 4月終わりの平日、日本有数の観光地である東京浅草の人出はまばらだった。浅草寺の西側に伸びる商店街、人気のカフェの前に置かれたアンティークな作りのベンチに、黒猫がちょこんと座っていた。いつもは順番待ちのためのベンチだ。

 「【コロナ対応】バー経営者の皆様へお役立ち情報」と記された用紙を手に、軒先の看板を一軒一軒確かめながら歩いているのはアライアンサーズ代表の久保わたる氏と社員の成清あきら氏だ。二人は界隈に点在するゲイバーを探し、用意したプリントを配布しているのだ。高齢者の生活に密着し、病院付き添い、老人ホーム施設の紹介や見守り、介護生活の相談など高齢者支援のトータルサービスを提供するアライアンサーズは同業他社にはない特徴をもっている。

上野駅近くで雇用調整助成金の案内などを配る久保氏(右)と営業担当の成清氏(左)(写真:末並 俊司、以下同)

 代表の久保氏が次のように語る。

 「私自身もLGBT当事者です。ゲイですね。この世界でも高齢化がいろいろな問題を引き起こしています。当事者である私自身、将来のことについて考えると、不安でいっぱいです。それは私だけではなく、老若男女同じだと思いますが、特にLGBT当事者の場合は介護や病院入院時の立ち会いをしてくれるパートナーがいなかったり、またLGBTに多いとされるHIV感染などの“特有の問題”を抱えていたりします。そうした不安を少しでも軽減できるサービスを確立したい。そんな思いからLGBTの高齢者支援を事業のひとつの柱と捉えているのです」

 レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー。これらの頭文字をとって「LGBT」と表記する。上野駅の入谷口近くや浅草には、一般にはあまり知られてはいないがLGBTを主な顧客とするバーやスナックが多くある。

 非常事態宣言が出され、静まり返った浅草の街を歩きながら、久保氏と成清氏は、「新型コロナウイルス感染拡大防止協力金」などの仕組みをわかりやすくまとめたプリントを店の郵便受けに入れていく。

上野駅近くの閑散としたビル。「このままじゃやっていけなくなる店も増えるかもしれません」と久保氏

 「東京では新宿の二丁目が有名ですが、あそこって観光地化も進んでいるし、LGBT以外の客も多い。かなり開かれた場所なんです。店主も客もわりと若い人が多いし、情報を発信することも受け取ることも得意な人たちが多いんです」(以下「」内はすべて久保氏)