次世代の移動サービスとして話題が集まっているMaaS(Mobility as a Service)。このほどフィリップス・ジャパンが、同分野に参入することを発表した。ヘルスケア領域におけるMasSに取り組もうというわけだ。同社が目指す、ヘルスケアとモビリティの融合とはどのような姿なのか。

ヘルスケアモビリティのイメージ(出所:フィリップス・ジャパン)

ソフトバンクとトヨタの共同出資会社と連携

「MONETサミット」には、トヨタ自動車 代表取締役社長の豊田章男氏(右)もサプライズで登場した。左は、MONET Technologies社長 兼 CEOの宮川潤一氏(写真:加藤 康、以下同)

 2019年3月末に都内で開催された「MONETサミット」。ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資によって設立された、MaaSを手掛けるMONET Technologiesによるイベントだ。

 このイベントの後半、フィリップス・ジャパン 代表取締役社長の堤浩幸氏がゲストとして登壇。「ヘルスケアモビリティをMONETと共に実現していく」と宣言した。

 実はフィリップスは、MONET Technologiesが設立した「MONETコンソーシアム」に参画。MONETのプラットフォーム、すなわちモビリティ分野における専門性や、車両データ、走行データ、車両・配車API、サービスAPIなど活用し、連携を図ることで新たなヘルスケアサービスを創出していこうというわけだ。

「MONETサミット」に登壇したフィリップスの堤氏