新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がビジネスに甚大な影響を及ぼす中、BCP(事業継続計画)やテレワークの観点からクラウドプラットフォームがさらに存在感を強めている。中でもパブリッククラウドで圧倒的なシェアを誇るアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)は、“なくてはならないITインフラ”の1つと言える。ITのみならず、製造、流通・小売、教育、通信、自動車、政府機関など実に多様な業界に普及しているAWSだが、医療・ヘルスケア領域も例外ではない。今や大手からスタートアップまで数多くの企業が採用し、我々の生活基盤を支えるまでになった。

 2020年5月21日、ヘルスケア領域におけるAWSの取り組み・サービスを紹介するオンラインセミナーが開催された。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 インダストリー事業開発部 シニア事業開発マネージャー(ヘルスケア・ライフサイエンス)の佐近康隆氏は「生活者、患者を取り巻くステークホルダーを全面的にインフラとして支援している」と語り、製薬企業、医療機関、研究機関、ヘルスケア企業などに導入されている幅広い実績を紹介した。

説明に当たったAWSジャパンの佐近康隆氏(提供:AWSジャパン)

 製薬企業ではアステラス製薬、エーザイ、大塚製薬、第一三共、シオノギ製薬などで採用されており、「AWSが標準となりつつある」と自負する。医療機関・研究機関では国立循環器病研究センター、大阪国際がんセンターなどがあり、理化学研究所 生命医科学研究センター(IMS)では大規模ゲノム解析の基盤としてAWSを活用している。

 健康医療機器での導入は、オムロン ヘルスケアやシスメックスを代表例として挙げる。オムロン ヘルスケアは、スマートウォッチ型のウエアラブル血圧計「HeartGuide」に全面採用しており、高度なセキュリティーを担保しながらセンシティブな測定データを管理する。