2025年には人口のボリュームゾーンである団塊世代の全てが75歳以上となり、後期高齢者の割合は全人口の18%を占めることになる。厚労省は2012年との比較で、年金や医療、介護といった社会保障費の動きを推計。総額では109兆円から148兆円と約40兆円の増加を見込んでいる。

中でも介護分野の右肩上がりは激しい。8兆4000億円から、約2.3倍の19兆8000億円にもなるという。財政を圧迫する社会保障費の増加を押さえるため、様々な取り組みが始まっている。そのひとつが介護保険サービスと保険外サービスの融合だ。

利用者保護のための高いハードル

 認知機能が低下した人に向け、必要性の低いサービスの「押し売り」がもし横行すれば、利用者の不利益は計り知れない。儲かればそれで良し、とする悪意の過剰サービスを抑制するため、介護保険サービスと保険外サービスの併用については高いハードルが設けられている。

 特にデイサービスなどいわゆる通所介護の事業所では、様々なサービスを保険内サービスとして提供できるため、保険外サービスとして利用者から保険給付とは別に費用を徴収することは基本的に認められない。おかげでこれまで、同一の事業所内で、保険サービスと保険外サービスを同時併用する事業者はほぼ存在しなかった。

 しかし、時代は動いている。利用者の側からも、「もっと多様なサービスを選択したい」という要望も聞かれるようになった。保険外サービスが充実することで、利用者の利便性や健康維持への取り組みが向上するのであれば、悪いことではない。

リハビリ難民の受け皿に

 そこで誕生したのが保険外リハビリサービスと機能訓練型デイサービスの同時一体型の施設「ウェルビスタ ケアスタジオ」(東京都中野区)だ。同スタジオは介護保険サービスに加え、利用者の個別課題により深く向き合った保険外サービスを同時一体的に提供するサービスを実現した。

ユニマット リタイアメント・コミュニティ 新規事業推進室課長の白木優史氏(写真:末並 俊司)

 運営するユニマット リタイアメント・コミュニティ 新規事業推進室課長の白木優史氏は次のように語る。「昨年、診療報酬改定もあり、早期に医療保険でのリハビリから介護保険に移行する流れが加速しています。医療保険から介護保険に移行した途端に、リハビリの質や量が大きく低下しているのが現状です。それにより、リハビリをして社会復帰したくても、それがかなわない『リハビリ難民』の増加に対応することが社会における喫緊の課題と考えています。そのような方々の受け皿になりたい、という思いがあるのです」。

 6月1日オープンの同施設を訪問した。外観はおしゃれなカフェのようなしつらえだ。通常のデイサービス事業所を想像して探すと、素通りしてしまいそうになる。

 完全バリアフリーの明るい室内は、一面が鏡張りになっており、一見すると若者が集うスポーツジムのような雰囲気だ。入口近くには利用者が自由に利用できるカフェコーナーが設置されている。

ウェルビスタケアスタジオは、東京メトロ中野新橋駅から徒歩3分の位置にある(写真:ユニマット リタイアメント・コミュニティ、以下同)

 「弊社は2017年に『スイッチ宮前』(神奈川県川崎市)という機能訓練型のデイサービスをオープンしました。基礎体力の維持や向上を目指す利用者が多く、70~80歳代の方が中心ではありますが、中には40代、50代で脳血管疾患を患った方などもいらっしゃいます。そうした方々のお話をうかがっているうちに、もっと個別の課題に向きあったサービスがあるべきだ、と考えるようになったのです」(白木氏)。