いま、世界中で「近視の激増」に対する懸念が広がっていることをご存じだろうか。〝近視パンデミック″とも呼ばれるこの問題で、オーストラリアの視覚研究所は、2010年に約20憶人だった近視人口が、2050年には世界人口の約半分の50憶人になると予測している。しかも、そのうちの9億3800万人は失明リスクのある強度近視になるとの推計だ。

日本も例外ではなく、視力の悪い子が増加している。19年度の「学校保健統計調査」(文部科学省)によると、裸眼視力1.0未満の割合は小学生が34.57%、中学生が57.47%、高校生が67.64%、小中高の全てで過去最高を記録した。

医療の現場では長らく、近視は仕方がない、眼鏡で矯正すればいいとの考え方が主流だった。だが、大人になったら進行が止まると考えられていた近視が、成人しても進行するケースが明らかになってきていることから、近視予防や治療の研究に力が入るようになってきた。

その結果、近視の進行を抑制する効果で注目を集めているのが、太陽光に含まれる可視光線の「バイオレットライト」だ。バイオレットライトの近視抑制効果に関する研究で18年には米国白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)の最優秀賞(Grand Prize)を受賞した慶應義塾大学医学部眼科学教室専任講師の鳥居秀成医師に、バイオレットライトと近視予防・治療について聞いた。

1日2時間以上屋外活動をすると近視の進行が抑制

 「近視の急増が問題になり、世界中の近視研究者の共通の認識になりつつあるのは、1日2時間以上屋外で過ごす子には近視が少ないという事実です。近視の原因は遺伝因子と環境因子がありますが、両親が近視でも屋外にいる時間が長ければ、近視になるリスクは抑えられるということが過去の研究成果からわかっています。そこで、屋外活動の何が近視の抑制につながるのかを研究するうちに可能性があるものとして候補にあがってきたのが、紫色の可視光であるバイオレットライトの効用です」と鳥居医師は指摘する。

両親が近視でも屋外活動で近視発症リスクは下がる
近視ではない514人(6~14歳)を12年間追跡調査した米国の研究。両親が近視でも、屋外活動時間が週14時間(1日2時間)を超える子どもたちは近視になりにくかった。(図:Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Aug;48(8):3524-32.を基に作成)
外遊びが近視を抑制
豪州の12歳児2367人を3年間追跡調査し、屋外活動時間と勉強やパソコン使用など近業作業時間別の近視発症リスクを算出。近業作業時間に関わらず、屋外活動時間が長い(1日2.8時間以上)と、近視になるリスクは低かった。(図:Ophthalmology. 2008 Aug;115(8):1279-85.を基に作成)

 バイオレットライトは、波長360~400nm(ナノメーター)の光。通常、可視光下限は360nmと定義されるためバイオレットライトは可視光に属し、実際に紫色に見える。ちなみに、紫外線(UV)は目に見えない光なので、バイオレットライトとは異なる。混同しないようにしたい。

イメージ。バイオレットライトは、波長360~400nmの光だ(図:Beyond Healthが作成)

 鳥居医師ら慶應義塾大学医学部眼科学教室の研究グループが、近視を誘導したヒヨコを用いた研究*1では、バイオレットライトを当てた群で、有意に近視の進行が抑えられた。また、13~18歳を対象にした臨床研究*1でも、バイオレットライトを通すコンタクトレンズを使用した群の近視の進行度は、バイオレットライトを通さないコンタクトレンズを使用した群より抑えられたことが確認されている。