人生の3分の1を占めながら、睡眠の世界は謎だらけ。世界主要国で日本人の睡眠時間は最短レベルで、健康上も悩ましい問題だ。世界トップレベルの睡眠研究をバックボーンに、睡眠をより簡便かつ正確に測定し、医療ソリューションを与えようというのが、筑波大学発のベンチャー、S’UIMIN(すいみん)のミッションだ。最高執行責任者(COO)の藤原正明氏に話を伺った。

脳波測定ウエアラブルデバイスを開発

 経営ビジョンには、「世界中の睡眠に悩む人々にとっての希望の光となる」を掲げ、目下、睡眠を診断するため、誰でも簡単に装着できる脳波測定ウエアラブルデバイス(図1)を開発中だ。

図1●脳波測定ウエアラブルデバイスのイメージ(提供:S’UIMIN)

 手本としているのは血圧計で、今や血圧は国民的関心事だ。これは、簡易な家庭用血圧計が普及したためで、医療機関のように緊張のない、落ち着いた状態で測定が可能になり、「家庭血圧」という言葉が生まれ、医学の教科書が塗り変わった。血圧に敏感になった一部の人では、測定だけで生活習慣が改善し値も良くなる恩恵さえもたらした。

 一方、睡眠の測定は、大がかりだ。睡眠時無呼吸症候群の診断に用いられるポリソムノグラフィー(PSG)は、検査に1泊の入院を伴い、就寝中に脳波、筋電、眼電、心電図などの電極、気流センサー、パルスオキシメーターなどを装着する。覚醒から眠りに落ちると、レム睡眠(高速な眼球運動を伴う眠り)とノンレム睡眠1~3(浅い眠り~深い眠り)を周期的に繰り返す。PSGで得られた膨大なデータは、その道に長けた臨床検査技師が解析し、睡眠をステージングしていく。

 もっと簡単な装置で、PSGに匹敵する結果が得られないか──。S’UIMINでは、やはり筑波大発のベンチャーであるサイバーダインとともに、ヘッドバンドのように容易に装着できる脳波測定デバイスの開発を目指した。アプリを通じてデータを送信すると、それを人工知能(AI)が解析して、睡眠のステージを判定し、たちどころに送り返してくれる。この“頭脳”部分の開発は、筑波大の計算科学研究センターとともに手がける。