2020年5月、社会医療法人石川記念会HITO病院(愛媛県四国中央市)が、新型コロナウイルスの流行という有事の中で、地元の老舗中小企業と「マスクにつけれるアイシールド」(商品名)の新事業を創出するに至ったので、CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)事例として紹介する。

 CSVとは、米国の経営学者マイケル・ポーターが提唱する概念で、「企業が事業を営む地域社会によいことをしながら、みずからの競争力をも高めること」である。CSR(社会的責任)よりも攻めた、地域も企業もwin-winの概念だが、実現は容易ではない。マイケル・ポーターは「共通価値の戦略」(ハーバードビジネスレビュー2011年6月号)の中で、CSVの3つのフレーム、すなわち(1)製品と市場を見直す、(2)バリューチェーンの生産性を再定義する、(3)ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する──を示している。本事例は、そのうち、3つめの「ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する」起点となるものである。

 HITO病院のある四国中央市は、香川県、徳島県、高知県と県境を接する愛媛県の東端部に位置し、人口は8.6万人である。四国中央市は紙の町として知られ、紙製品の工業製品出荷額は全国1位である。HITO病院は、1979年に開設された石川病院を前身とする。2013年に新築移転したのを機にHITO病院と命名された。257床を有し、四国中央市の急性期病院として、各専門性を高めた高度医療を提供している。特に脳卒中や心疾患に対しては、圏域内で唯一救急対応が可能な施設となっている。

 最近までHITO病院と地域社会との関わりは、一部で地元企業から病院への紙おむつの納入があったものの、HITO病院の診療や救急受診、入院、人間ドックなどの医療を住民が受けるという、医療提供者と患者という関係性がほとんどであった。また、病院から地域へのCSRの取り組みとしては、医師が各自治体や小中学校に出向いて疾病予防や介護予防についての講演を行う出前講座や、毎年地域住民を病院に招いたHITOフェスタが開催されていた。

 本事例のスタートは、コロナ禍の医療用マスクの確保に迫られた危機からである。2020年4月、全国的な新型コロナウイルス感染拡大の影響は、感染者の確認されていない四国中央市にも既に及んでいた。HITO病院の医療用マスクの在庫が残りわずかとなり、各種医療資材の確保も難しくなっていた。普段マスクの調達は購買課の仕事であったが、通常ルートでは確保は困難になっていた。そこで、HITO病院地域包括ケア推進部の石津裕之部長が、今までこの地域で作り上げた人脈を頼りに地元企業を回って、マスク確保に奔走していた。

HITO病院地域包括ケア推進部の石津部長と病院全景(写真:HITO病院)