2020年4月7日に新型コロナ感染症の拡大に伴う緊急事態宣言が出されたことで、日本全国のジムやスポーツクラブが休業に追い込まれた。一方、同時に要請された在宅勤務や外出自粛により一般市民の運動する機会が減るという事態が生じた。そこで一気に存在感を増したのが、オンラインフィットネスサービスだ。

 在宅時間が増えたことで、日本では2000年代後半にヒットした「ビリーズブートキャンプ」DVDで再度トレーニングに挑戦する人が増加している。こうした中、LEAN BODYの展開するオンラインフィットネス動画配信サービス「LEAN BODY」は2020年4月に「令和版 ビリーズブートキャンプ」の配信を開始し、2020年5月時点で累計250万回再生となった。LEAN BODYがフィットネス動画配信サービスを開始したのは2018年3月。2020年3月には“コロナ支援”として試用無料期間を14日間に伸ばしたこともあり、2020年4月期には2020年2月期に比べて新規登録ユーザー数が約21倍に急増したという。

LEAN BODYは「令和版 ビリーズブートキャンプ」の配信を開始
ビリー・ブランクス氏のおなじみ短期集中型メソッドを日本人向けにアレンジしたという(写真:LEAN BODY)

 ただし、オンデマンドでの動画配信では人とのコミュニケーションが少なく、ユーザーにとっては運動を継続するのが難しい。そこで在宅勤務で普及したWeb会議ツール「Zoom」などを使ったパーソナルトレーニングやグループトレーニングのサービスが次々と登場している。変わったところでは、プロレス団体の1つであるDDTプロレスリングが、現役プロレスラーから指導を受けられる「DTTレスラーズ オンライン家庭教師」を2020年5月8日に開始した。オンラインサービス売買サイト「MOSH」ではフィットネスなどのオンラインレッスンを提供する事業者が急増し、4月の予約・取り引き件数が前月比260%増になったという。