新型コロナウイルス感染症の流行に伴い人々の健康への不安が増し、院内感染リスクの増大も懸念される中、オンライン医療相談・診療サービスが急速に広まっている。時限措置ではあるものの初診患者への適用も認められ、今まで主に通院が難しい患者の再診を補完する手段として用いられてきたオンライン診療を、病院の専門医療の実践に積極的に活用する医師も出てきた。

 東京ベイ・浦安市川医療センター(千葉県浦安市)心臓血管外科部長で、虎の門病院(東京都港区)循環器センター外科特任部長の田端実氏もその一人。勤務する病院などで循環器外科の専門性を生かした「オンラインメニュー」を提供している。そのメニューとは、(1)患者向け保険診療の「オンライン外来」、(2)患者向け自由診療の「オンラインセカンドオピニオン外来」、(3)患者向け無料サービスの「オンライン相談」、(4)医師向け無料サービスの「オンラインコンサルト」──の4つだ。「オンライン相談やオンラインセカンドオピニオン外来は既に2017年から行っていたが、4月から新たに患者向け保険診療と医師向けコンサルトのメニューを増やした」(田端氏)。

適切な治療のタイミングを逃さないために

 背景には、新型コロナウイルス感染症の影響で、受診をためらう患者や、他院への患者の紹介やコンサルトを控えている医師が増えているという現状があった。「新型コロナの拡大で通常診療を縮小する病院も少なくなく、手術のタイミングを逸して症状が悪化する患者が増えることを懸念した。こうした取り組みを始めたのは、単に接触による感染拡大を避けるという理由だけでなく、必要な患者や医師とコミュニケーションを取ることで、適切な治療のタイミングを逃さないようにしたいと考えたからだ」とオンラインメニューを増やした理由を田端氏は説明する。

 同氏は2017年に、東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科でメドレーのオンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)オンライン診療」を導入し、自費診療の「セカンドオピニオン外来」と患者向け無料サービスの「オンライン相談」を始めていた。契機となったのは、厚生労働省が4月10日に出した事務連絡。時限的・特例的な措置ではあるが、これまで再診に限られていたオンライン診療を、疾患を問わず初診患者にも認めるという内容の通知だ。そこに新たなメニューとして、保険診療による「心臓血管外科オンライン外来」「弁膜症オンライン外来」を追加した。さらに6月には、狭心症・虚血性心疾患外来、末梢動脈疾患外来・足壊疽の治療外来、心房中隔欠損症・動脈管開存症・卵円孔開存症外来のオンライン外来も開始したという。

病院でのオンライン診療風景(提供:田端氏、以下同)