岡山県倉敷市で急性期医療を担う倉敷中央病院。街並みに溶け込む“病院らしからぬ”おしゃれな外観が目を引く同病院は2021年4月、GEヘルスケア・ジャパンとともに2018年1月から進めている「デジタルトランスフォーメーションの具現化に向けた包括的取組み」についての中間報告を発表した。

この取り組みは、GEヘルスケア・日野工場のモノづくりノウハウから生み出された「ブリリアント・ファクトリー」構想に基づく病院運営の効率化・最適化ソリューション「ブリリアント・ホスピタル」構想の実現に向けたもの。リーン生産方式とデジタル化でムダを減らす効率的なモノづくり手法を医療現場に応用し、院内の機器や医療従事者、患者などに関する様々なデータを収集・分析することで潜在的な課題を可視化。コスト削減や生産性の向上を実現することにより病院経営の改善を目指す構想だ。

今回の中間報告によれば、年間800万円もの算定漏れの改善を実現するなど、病院運営の最適化、さらには医療の質向上に貢献しているという。このプロジェクトを立ち上げるに至った経緯、そして成果を得るまでのプロセスや課題、今後の展望は――。倉敷中央病院 副院長で整形外科 臨床研究支援センター長の松下睦氏、資材部 部長の和田龍夫氏、経営企画部 部長の中島雄一氏に話を聞いた。

(聞き手は小谷 卓也=Beyond Health)

インタビューの様子(写真:森田 靖、以下同)
インタビューの様子(写真:森田 靖、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]