2008年に起業されたオーガンテクノロジーズは、理化学研究所の研究成果を中核とするベンチャーで、器官(organ、オーガン)の再生医療の先駆者である。豊かに生きるためのライフヘルスケアと、病気にならないためのメディカルヘルスケア、再生医療の領域において、歯の再生、毛髪の再生、人工皮膚、毛髪による健康診断を4本柱に、エビデンスのある事業構築に取り組んでいる。研究開発担当取締役で、理研チームリーダーの辻孝氏に話を伺った。

天然歯と同様の構造を持つインプラントを開発

 まず手掛けるのは、辻氏が再生医療に関わるきっかけとなった、歯の再生だ。乳歯が抜けて永久歯に生え替わるように、ヒトの歯は再生可能である。辻氏は2009年、歯胚(歯の種)を移植したマウスの歯の再生に成功した。しかし、歯胚を再生する幹細胞は成体からは見つかっていない。また、iPS細胞(人工多能性幹細胞)などによる技術は開発途上にある。

 このため、歯の欠損に対する伝統的な治療であるインプラントに着目した。インプラントの生物学的な課題は、人工の歯を歯槽骨に直接結合させることだ。天然の歯には、歯槽骨との間に歯根膜という組織があって緩衝剤の役割を果たし、歯の知覚神経とも連動して、噛み心地を支えている。

 そこで、オーガン社では、インプラント表面にセメント質を介して歯根膜を結合させ、天然歯と同様の構造を持たせたインプラントを開発中だ(図1)。

図1●歯根膜を有する次世代インプラントの開発(辻氏による、図2~4とも)

 「人工の歯であれば虫歯にならず、天然の歯の生理機能を回復し、加齢成長に従って移動し、神経機能も有するため理想的な歯の再生だ」と辻氏は語る。まずは、歯根膜の残っている人たちを対象にした治療法を開発し、その後は歯を喪失して時間がたった場合の次世代インプラントの開発を目指す。