「第24回 日本医療情報学会春季学術大会」(主催:日本医療情報学会)が、2020年6月5~6日に開催された。当初はつくば国際会議場(茨城県つくば市)での開催を予定していた。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響を受けてオンライン開催で行われた。

第24回 日本医療情報学会春季学術大会のポスター。当初はつくば国際会議場での開催する予定だった(出所:日本医療情報学会)

 日本医療情報学会 代表理事の中島直樹氏(九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター長)が大会企画で触れたのは、患者が自らの医療・健康情報を収集し一元的に保存する仕組みである「PHR」について。そのバックアップの仕組みの構築が必要だと提言した。

集積データの継続性確保に課題

 現在、さまざまな民間事業者がPHRサービスを展開している。ただし、そこには課題があると中島氏は指摘する。それは、集積したデータの継続性の確保だ。

 実際、PHR事業者が事業継続できなくなったとき、それまで蓄積したデータが消滅してしまう危険性がある。仮に預けておいたデータが残されたとしても、別のPHRへのデータ移行に大きなコストが発生し、実際にはデータの継続は不可能になる懸念があると中島氏は見る。

九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター長の中島氏(写真:オンライン講演の画面キャプチャー)

 そこで中島氏が提言するのがバックアップの仕組みの構築だ。「(バイタルデータなど)利用価値のある標準的なデータは、相互運用できるデータ形式でバックアップしておく必要がある」(同氏)。