衣類の布の上に回路を形成し、センサーなどの機能を実現する──そんなスマートウエア「e-skin」を手掛けるのが東京大学発ベンチャー企業のXenoma(ゼノマ)だ。

「e-skin」シリーズとして、これまでに体の動きをセンシングするためにひずみセンサーや6軸センサーを搭載したシャツ、呼吸や体温、心拍などのバイタルデータを検知するシャツなどを開発してきた。そんな同社のスマートウエアがいよいよ一般消費者向けに出回りつつある。

2020年には同社が開発した睡眠計測機能搭載パジャマを若者に人気のアパレルメーカーが発売。2021年には機能を「ワッペン」に集約した製品を実用化したことで、さらに多くのアパレルメーカーからスマートウエアが実用化されそうだ。

アパレルメーカーなどが自社製品に簡単に組み込める

 Xenomaは以前から高齢化社会に向け、普通の衣服と同様の着心地で転倒や夜間徘徊などを見守るスマートパジャマを提案してきた(関連記事:伝えて分析して考えられる服)。今回大きく変わった点は、センシングや無線通信といった機能を備える“スマートウエア”でありながら、機能を「ワッペン型」として切り出したことだ。

ワッペン型の基板。左側の3つのスナップボタンはハブを接続するためのもの。右側の銀色の部品が温度センサー(撮影:Beyond Health)

 具体的には、パジャマに向けたワッペン型の睡眠計測機「e-skin Sleep&Lounge」を実用化した。「プリンティッド・サーキット・ファブリック(布状電子回路基板/PCF)」技術により、布地に6軸センサーと温度センサーを搭載し、寝床温度、呼吸、心拍、体動を計測。専用のスマートフォン(スマホ)アプリを通じて、計測データや解析した睡眠状態などを提示できる。パジャマの外側に縫い付けて利用する。6軸センサーやコントローラー、電池、無線通信機能等を搭載する「ハブ」部分は着脱式となっており、温度センサーを搭載する基板本体側は洗濯が可能だ。

Xenomaの「e-skin Sleep&Lounge」を使ったパジャマの例。一見、普通のパジャマや部屋着のように見えるが、ポケットの内側部分にワッペン型の睡眠計測機が配置されている(撮影:Beyond Health)

 心拍は振動から計測するため、搭載するセンサーは体に密着させる必要がない。ワッペン型基板は腹側に配置する必要があり、ある程度の取り付け範囲は決まっているものの、前開きタイプやTシャツタイプなどのパジャマに対応できるとする。ポケット内側などに取り付けることを想定しており、外観的には一般のパジャマと変わらないものにもできる。仰向けのほか、うつ伏せや横向きの状態でも計測可能で、利用するのも一般のパジャマとほぼ同じだ。

ワッペン型の基板にハブを接続したところ。ハブは6軸センサーやコントローラー、電池、無線通信機能等を搭載する(撮影:Beyond Health)

 同製品はボタンやワッペンなど、一般的なアパレル用副資材と同様に流通させることを想定する。パジャマや部屋着を企画・開発・生産するアパレルメーカーなどが自社製品に組み込むことで、簡単に独自の「睡眠計測機能搭載スマートパジャマ」を開発できる仕組みだ。アプリは開発済みの標準タイプを利用できるほか、デザインや表示内容などを変更して独自仕様とすることも可能とする。