パブリッククラウドは社会のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するキーテクノロジーである。重要データの安全な保管、ワンストップでのサーバー導入・運用・管理に加え、事業の状況に応じた柔軟なスケーラビリティ(拡張可能性)、利用分のみ支払う従量課金などさまざまな特長がある。昨今ではAI(人工知能)や機械学習をはじめとする高度な計算資源も提供されており、自社で高額なコンピュータリソースを持たずともビジネスを回せるようになってきた。

 クラウドの機動性とコストメリットは、“ゼロイチ”でサービスを興すスタートアップにとって頼もしい武器となる。近年、とみに増えてきたヘルステックスタートアップも恩恵を受けており、迅速なサービス開発と改善にクラウドをフル活用している。

 代表格と言えるのが、パブリッククラウドのトップランナーである米アマゾンのアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)だ。ヘルステックスタートアップでは、オンライン診療のMICIN、治療用アプリのCureApp、薬局向け電子サービスのカケハシ、AI画像解析のエルピクセルなど、伸び盛りの企業がAWSユーザーに名を連ねる。

 日本現地法人のAWSジャパンは、2021年6月16日に「社会的課題への糸口:医師起業とヘルステック~テクノロジーが加速させる医師の起業~」と題したオンラインセミナーを開催。実際に起業した医師である、アンター 代表取締役 中山 俊氏、コネクテッド・インダストリーズ 代表 園田正樹氏をゲストに迎えたセッションを展開した。

AWSジャパンのオンラインセミナーから。下部左が園田氏、下部中央がモデレーターを務めたAWSジャパン スタートアップ事業開発部 本部長の畑浩史氏、上部中央が中山氏、上部右が左近氏(出所:オンラインセミナーのスクリーンショット)
AWSジャパンのオンラインセミナーから。下部左が園田氏、下部中央がモデレーターを務めたAWSジャパン スタートアップ事業開発部 本部長の畑浩史氏、上部中央が中山氏、上部右が左近氏(出所:オンラインセミナーのスクリーンショット)
[画像のクリックで別ページへ]