「コードを書ける医学生が増えている」

現場を知る医師が起業するメリットについてはどうか。

園田氏 課題が明確になることが最大の強みだ。「こんなことで困っているだろう」と推測するのではなく、自分や同僚が困っているから起業する医師が多い。解決策は後からついてくるが、少なくとも課題の解像度がぼやけていると長続きしない。

中山氏 医師のキャリアの選択肢が増えたことが大きい。従来のキャリアパスである臨床、研究、教育に起業が加わった。会社を興すことにより、サービスを社会に還元できるようになる。さらにもう1つ、臨床と並行して取り組めるのもメリット。課題を見つけながらテクノロジーを介して解決の糸口を探ることができる。

園田氏 病院から飛び出して、医師が社会にアウトリーチしていくのも特徴。狭い世界に閉じず、より多くの人たちに関わることができるのも利点だ。今はコードを書ける医学生も増えているので、5年後、10年後はまた医師の起業が増えてくるのではないだろうか。

(タイトル部のImage:patpitchaya -stock.adobe.com)