尿を使った郵送栄養検査サービス「VitaNote」を手掛けるスタートアップのユカシカド(関連記事:「栄養」の可視化、トップランナーとして駆ける)。このほど、テストペーパーをスマートフォンで撮影するだけで食事の偏りを評価できる栄養検査サービス「VitaNote Quick」を開発。2020年6月3日からクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で予約販売を開始した。“尿を郵送しない”同サービスの狙いを追った。

 VitaNote Quickは、専用のテストペーパーを2秒間尿に浸し、専用アプリを使って撮影することで、食事バランスの偏りを即時に10点満点で評価する栄養検査キットである。具体的には、微量栄養素であるビタミンとミネラルの吸収量が必要量に対して足りているのか不足しているのか、動物性食品と植物性食品のバランスは保てているかを調べることができる。自宅で検査できるので、尿を郵送する必要がない。

栄養検査サービス「VitaNote Quick」(出所:ユカシカド)

 同社が以前から提供しているVitaNoteは、専用キットで採取した尿を検査センターに郵送すると、約1週間で栄養バランスや吸収量を分析してくれるサービスである。個別の栄養素がどれだけ吸収されているかなどの精密な検査ができ、チャットで栄養改善のアドバイスが受けられたりする。

 VitaNoteが食事や栄養に関して明確な悩みを持つ人向けに精密な検査を行うサービスであるのに対して、VitaNote Quickは明確な悩みはないが栄養バランスの状態を大まかに知りたい人に向けたサービスと位置づける。メインターゲットとして想定しているのが、「カップラーメンを食べるときに野菜ジュースを飲む人」とユカシカド 代表取締役 CEOの美濃部慎也氏は説明する。

 栄養の偏りは気にしているけれど、自分で改善できている自信がない人達のことだ。ユカシカドの調査では、6割の回答者が栄養バランスの悪さを自覚していたという。

ユカシカド 代表取締役 CEOの美濃部慎也氏(写真:川島 彩水)

 この層の人達は、現状自覚できる症状が顕在化しているわけではないため、詳細に調べたいわけではなく、大まかに自分の栄養状態がどうなのかを知りたがっている。ここに焦点を当てた。まずは、VitaNote Quick栄養状態のモニタリングをする入口として使ってもらいたいとしている。

 理想的な使い方としては、「VitaNote Quickを使って定期的に栄養バランスが保てているのか確認しながら、半年から1年に1回はVitaNoteを使って高精度な検査をしてほしい」と同氏は言う。