2035年には68万人の介護職員が不足する──経済産業省による推計だ。早急なる対応が必要だが、68万人といえば、例えば現在の島根県の人口とほぼ変わらない。右から左に準備できる数字ではないし、業界では今現在もすでに人手不足が叫ばれている。そうした中、最先端の技術を駆使して、諸問題に立ち向かっているのが社会福祉法人『善光会』だ。その取り組みを紹介する。

 経済産業省は2018年4月、介護の担い手に関する問題点と提言をまとめた報告書『将来の介護需給に対する高齢者ケアシステムに関する研究会』を発表した。

 同報告書を大意要約すれば以下のような内容だ。

 「今後危惧される介護人材需給の大きなギャップを低減するため、人材確保はもちろん、介護サービス提供の質・生産性の向上を同時にやっていかなければならない」

 提言として一番にあげているのが「介護機器・IT等を活用した介護サービスの質・生産性向上」である。

 まさにこの分野で、業界のトップを走っているのが社会福祉法人の善光会。善光会が運営する複合福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」を訪ねた。

複合福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」の外観(写真:末並 俊司、以下同)

 東京都大田区の海岸沿いにある同施設は地上10階建てで、デイサービスや特別養護老人ホーム、障害者支援施設、養護老人保健施設など、複数の介護関連施設がフロア分けされている。

 1階の入り口を入ると、まるでホテルのような光景が広がる。介護施設特有の匂いも一切ない。ウイルス除去や除菌、消臭などの働きを持つ二酸化塩素を機械的に作り出す専用の機器が働いているおかげだという。他にも目に見えない部分で様々な最新機器が稼働中だ。

 同法人の理事である宮本隆史氏と、サンタフェ研究所所長の松村昌哉氏に話を聞いた。