3つのセンサーを統合した新プラットホーム「SCOP」を導入することで業務効率化を進める社会福祉法人『善光会』(前編はこちら)。後編では、善光会が主導するかたちで今年立ち上げた資格「スマート介護士」にスポットを当てる。実際の業務でセンサーやロボットやセンサーを効率的に活用して、現場をリードしていくことのできる介護士のことだ。登場いただくのは谷口尚洋氏。これまで様々な機器を試用し、現場の声を開発側にもフィードバックさせてきたこの世界のエキスパートだ。

「夜勤の時はセグウェイが大活躍。歩く距離が以前の4分の3になりました」と谷口尚洋氏は語る(写真:末並 俊司、以下同)

 「本来は夜勤の時にしか使わないのですが」とおっしゃる谷口尚洋氏に、無理をいってセグウェイに乗ってもらった。

 「夜勤時はこれが大活躍です。おかげで16時間の勤務中、歩く総距離が4分の1は減っていると思います。さらに、複数のセンサーを統合した『SCOP(Smart Care Operating Platform)』システムのおかげで、ぼくの体感ですけど、以前に比べたら半分以上、移動距離が減っていると思います」(谷口氏)

 お邪魔した特別養護老人ホーム(以下特養)「フロース東糀谷」の4階は、最新の介護ロボットやセンサー機器を集中的に導入する「ハイブリット特養プロジェクト」の実施階だ。これまで100種類以上の機器が試験導入されてきた。

スタッフはみな骨伝導式のヘッドホンを着用。耳をふさぐと入居者の声や異変を聞きのがしてしまうからだ

 「そのすべてが使えるわけではありません。開発業者さんは介護の現場をあまり知らないことも多く、痒いところに手が届くような機器になっていないこともある。現場で我々が実際に使ってみて、これではちょっと、とお返ししたものも結構あります。また、こちらの意見をフィードバックすることで、より使いやすい機器になったものもあります。例えば、排尿のタイミングを知らせる『Dfree』(トリプル・ダブリュー・ジャパン)などがそうです」(谷口氏)