まだまだある先端機器

 もうひとつ、コニカミノルタが開発した「ケアサポートソリューション」も大活躍している。これは天井にセンサーを設置し、利用者が動けばそれを察知して起動する仕組みだ。その際、シルエットの映像がこれもやはりスタッフの持つスマホやタブレットに送信される。さらに、スマホなどを介して、遠隔での声かけも可能だ。

 「例えば夜中目が覚めてしまい、起き上がったとしても、『どうなさいましたか、まだ夜ですよ』などの呼びかけだけで、安心して再びお休みになるかたも多くいらっしゃいます。以上のようなセンサー類のおかげで、以前は全てのナースコールや、離床センサーのアラームに対応して、訪室(部屋を訪ねること)していましたが、現在はこれもかなり減っています」。(谷口氏)

天井に設置された「ケアサポートソリューション」(写真:末並 俊司、以下同)

 ほかにも、腕に装着することで、筋肉に伝わる微量の電気信号を読み取り、関節の可動域を広げるロボットスーツ「HAL自立支援用(単関節タイプ)」(サイバーダイン)や、ベッドから車椅子などへの移乗の際に役立つ移乗サポートロボット「HUG」(FUJI)なども利用者、スタッフ双方の負担を和らげる一助となっている。

腕の動きをサポートするロボットスーツ「HAL」(左)と移乗の際に便利な移乗サポートロボット「HUG」

 「近い将来訪れるであろう、介護スタッフの大量不足時代に向けて、これらの介護ロボットの活用は避けて通れません。また、それぞれを使うだけではだめで、組み合わせることでどういうオペレーションが構築できるのか。そうしたところにも目を配りながら、業界を支えていきたいと考えています」。(谷口氏)

 これまで蓄積してきた知見を、より広く伝えるため、善光会は今秋をめどに『介護ドック』の立ち上げを予定している。

 善光会理事の宮本隆史氏はこう説明する。

 「要介護状態ではあるけれど、施設に入居するほどではない。そうした方々に私どもが運営するショートステイやデイサービスをご利用していただく。そこで生活や排尿、眠りのパターンなどを、最新のセンサー機器を使うことで見える化し、この情報を家庭での介護に役立ててもらうわけです。こうした取り組みが広がれば、より長く住み慣れた自宅で暮らすことができる社会になると考えています」

 全国で68万人の介護スタッフが不足するとされる2035年は、もうすぐそこだ。この危機を乗り切るため、イノベーションの波に乗り遅れるわけにはいかない。

(タイトル部のImage:末並 俊司)