医療費決済のキャッシュレス化の立ち遅れが指摘される中、新たなサービスの提供で注目を集めるベンチャー企業がある。福島県いわき市に本社を置くHealtheeOne(ヘルシーワン)だ。同社の総合決済サービス「HealtheeOneコレクト」を導入する医療機関が増えている。

往診にも決済用端末を携帯

 都内からJRの特急で2時間ほどの常磐線・湯本駅(福島県いわき市)。ここから車を走らせること10分、県道いわき石川線沿いの高台に建つ「いわきFCパーク」は、東北社会人サッカーリーグ1部に所属する「いわきFC」の商業施設複合型クラブハウスだ。今年1月に開業した「いわきFCクリニック」(齋田良知院長)は、その1階フロアにある。

 いわきFCクリニックは整骨院を併設した施設で、一般向けに整形外科の予約診療を行っている。スポーツドクターの育成を念頭に首都圏から若手のドクターを福島県に招聘、テレビ電話を通じて東京など遠隔地のベテランドクターに助言を仰げる体制を整えた。土日祝日の夜間には、福島県外から来院した医師が内科・小児科などの一次救急(入院や手術を伴わない診療)も担う。

 医師不足が深刻化するいわき市で、地域医療の新形態として注目を集める同クリニック。音声入力で患者の細かい症状が記録できるタブレット端末を用い、診療記録はクラウドを通じて共有できるなど最新鋭の設備を備えている。多様な決済手段もその1つだ。クレジットカード決済やQRコード決済にも対応し、一次救急の往診にも決済用の端末を携帯する。「利用者はスポーツ診療が中心で、財布を持ち歩く習慣のない20代の患者が多い」(同クリニック)。キャッシュレス決済の利用率は約15%に上る。

 同クリニックのIT支援を行うのが、いわき市に本社を置くベンチャー企業、HealtheeOne(小柳正和社長)。同社の総合決済サービス「HealtheeOneコレクト」は、患者に対してクレジットカード、電子マネー、QRコードなど多様なキャッシュレスの決済手段を提供しつつ、クリニックが保有する診療報酬債権の立て替えや回収を請け負うもの。「首都圏を中心に全国の病院、クリニック、薬局などで採用され、現在も1日数件の問い合わせがある」(小柳社長)という。

いわきFCクリニック、いわきFCリカバリーステーション(整骨院)のスタッフらと小柳社長(右から3人目)(写真:福知 彰子)

 QRコード決済は提供会社により規格が異なるため、従来は複数の端末を置いたり、取り扱いが増えるごとに端末を改修したりする必要があった。そこで同社ではパートナー企業の協力を得て、クレジットカードや電子マネーを含めた提携会社の全決済に対応する専用端末を開発。導入機関側の初期投資費用はこの端末代で、1台につき7万円(税別)かかる程度だ。

HealtheeOneコレクトで利用可能な決済(2019年1月現在)
保険診療の際にはポイントでの支払いを利用することは認められていない(表:Beyond Healthが作成)