高齢者による誤操作とみられる、痛ましい交通事故が世間で話題になっている。そんな中、東北大学加齢医学研究所が2019年5月に発表した研究成果は実に対照的な印象を我々に与えている。その成果とは、「6週間の認知トレーニングで、高齢者の自動車運転技能が向上した」というもの。しかもそのトレーニングは、自宅のテレビを使ってゲーム感覚で遊べるものだという。どんなトレーニングなのか。研究を主導した野内類准教授に話を聞いた。

東北大学加齢医学研究所の野内類准教授(撮影:筆者)

6週間の認知トレーニングで、高齢者の自動車運転技能が向上したというのは、かなり興味をそそる内容です。実際にはどのような研究なのでしょうか。

野内 自宅のテレビで実施できるトレーニング用アプリを開発しまして、65歳以上の高齢者を対象に効果検証を行いました。その結果、1日20分のトレーニングアプリを6週間実施したグループは、同じ期間、他のゲームアプリを実施したグループよりも、自動車運転技能と認知力とポジティブ気分が向上することが明らかになったのです。

 ここで言う認知力とは、情報を判断したり、覚えたりする心の働きを指します。ポジティブ気分というのは活力とも言い換えられまして、要はやる気ですね。

 認知機能は加齢とともに低下します。そしてこれは、高齢者の日常生活を困難にする要因の1つです。