日本人女性の11人に1人が発症する乳がん。女性のがんで最も多く、患者数は今後も増加すると予測されている。乳がんは早期に見つけて治療すれば、命を落とさずにすむし、治る確率も高い。乳房を残すことも可能だ。そこで早期発見のために欠かせないのが、乳がん検診。国は40歳以上の女性に、2年に1回、マンモグラフィ(乳房X線撮影)検査による乳がん検診を推奨している。

しかし、日本人女性の乳がんは、そもそもマンモグラフィ検査では見つけにくいという特徴がある。理由は、「デンスブレスト(高濃度乳房)」が多いからだ。湘南記念病院乳がんセンター 副センター長で医師の井上謙一氏は、この問題をAI診断を活用することで解決し、乳がん検診のさらなる精度向上を目指している。

「雪山で白うさぎを見つけるようなもの」

 乳房は、主に乳腺とそれを支える間質、そして脂肪で構成されている。この乳腺の密度が高い乳房を「デンスブレスト(高濃度乳房)」という。「日本人などアジア人女性は欧米の女性に比べ、乳房が小さめで硬く、乳腺密度が高い特徴がある。実は、アジア人女性の約7割がデンスブレストに該当し、しかもデンスブレストだと乳がんの発症リスクが上がるとも指摘されている」と井上氏は話す。

 マンモグラフィの画像では、乳腺は白く、脂肪は黒く写る。実は、がんも白く写るので、乳腺密度が高いとどちらも白く写って見分けにくい。下の画像を見てほしい。これは乳腺密度に応じて乳房を4タイプに分けたもの。脂肪がほとんどを占める「脂肪性」、脂肪の中に乳腺がまばらに存在する「乳腺散在」、乳腺の中に脂肪が混在する「不均一高濃度」、そして乳腺が多く脂肪がほとんどない「極めて高濃度」だ。このうち後者の2つがデンスブレストに当たる。

「不均一高濃度」と「極めて高濃度」がデンスブレストに該当する。がんも白く写るので、目視では判別が難しい(図:井上氏提供の画像を基にBeyond Healthが作成)

 各画像の上にある円は、乳がんの白さを模したものだ。デンスブレストでは、この白く映るがんが白くて密な乳腺の中に潜んでいるのだから、見つけるのがいかに難しいかわかるだろう。「雪山で白うさぎを見つけるようなもの」という例えもあるほどだ。

 現在、乳がん検診では、日本乳がん検診精度管理中央機構で認められた「検診マンモグラフィ読影認定医師」2人が画像を読影して乳がんの有無を判定するダブルチェック体制をとっている。乳がん検診の全国比較試験(J-START)によると、乳がん検出の平均精度は、がんをがんとして見つける「感度」が77%、がんでないものをがんでないと判定する「特異度」が91.4%という成績だ。「例えば米国の場合は、感度が70~90%と地域によってばらつきがある。日本はデンスブレストが多い割には健闘している方だと思うが、まだまだ改善の余地はある」と井上氏。

 読影認定医にはAランクとBランクがあり、Aランクの場合は感度が90%、特異度が92%に達するが、Bランクになるとそれよりも低くなる。Aランクの認定医は全体の1割程度に過ぎないので、読影技能は医師によって隔たりがあるのが現実だ。この隔たりをなくして、乳がんの見逃しを極力減らし、日本全体の検診精度を底上げするにはどうしたらいいか──。そこで井上氏が考えたのが、AIの力を借りること。つまり、AIにマンモグラフィ画像を読影させる方法を構築することだった。