「楽天グループは正式にヘルスケア事業に参入した」──。楽天 会長兼社長の三木谷浩史氏は、2019年7月1日に都内で開催した事業戦略説明会でこう宣言した(関連記事)。同氏が自ら舵を取って事業化に乗りだしたのは、「光免疫療法」という新しい概念のがん治療薬「RM-1929」だ。このRM-1929を含む光免疫療法を創り出したのが、米国国立衛生研究所(NIH)の国立がん研究所(NCI)がん研究センターに籍を置く日本人研究者、小林久隆氏である。光免疫療法の概要と可能性について小林氏に緊急インタビューを実施した。
注)インタビューは米国の小林氏と2019年7月7日にメールで実施した。

7月1日に都内で開催した事業戦略説明会の様子。中央が三木谷氏(写真:Beyond Healthが撮影)

再発・転移にも有効な可能性

 がん治療でやっかいなのは、がん細胞がもともと自分の体から発生していること。このため、がん細胞を攻撃するタイプの抗がん剤は全身の正常な細胞も傷つけてしまい、がんを克服しても体力の回復には長い時間がかかることが知られている。また、免疫力からがん細胞を守っているメカニズムを抑えることでがん細胞を殺す免疫療法では、正常な細胞も免疫システムの攻撃を受け、自己免疫疾患を発症するといった副作用が報告されている。

 これに対し、光免疫療法では、がん細胞に吸着する性質を持つ抗体と、光を当てると細胞を壊す性質を発揮する物質を結合させて静脈注射で送り込み、がんの部位だけに光を当てることでがん細胞を壊す。これにより、がんには破壊的なダメージを与えながら、全身への影響は最小限に留めることができる。さらにこの治療法によって体の免疫システムが“起動”し、転移してしまった場合など、全身にちらばった同種のがん細胞を駆逐できる可能性も示されている。

 このように大きな可能性を持っているのが、光免疫療法である。小林氏に話を聞いた。