コロナ禍一色の2020年も折り返し、徐々に日常が戻りつつあるが、依然としてリスクは潜む。せっかくの夏休みも、例年のように旅行や遠出を楽しむことは難しそうだ。そんななか注目を集めているのが、植物や緑の力を健康に生かす「ガーデンセラピー」だ。豪華なガーデン(庭)がなくても、プランター1つから始められるという。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会理事長の高岡伸夫氏と、千葉大学大学院園芸学研究科准教授で園芸療法士の岩崎寛氏に話を聞いた。

一般社団法人日本ガーデンセラピー協会理事長 高岡伸夫氏

 テレワークや時差出勤の増加で注目されたものの一つが住環境だった。「仕事部屋がない」「夫婦げんかが増えた」といった悩みもあれば、「断捨離してスッキリ」「単身赴任が解消された」という前向きな声も聞かれる。いままでは1日の大半を職場で過ごした人も家にいる時間が長くなったことで住まいへの関心が高まり、春以降はガーデニング市場が活況だという。

 「もともと人々の生活は自然とのつながりの中にあった」

 そう語るのは日本ガーデンセラピー協会理事長の高岡氏だ。高岡氏は1980年にタカショーを設立し、1998年にガーデニング業界初の株式上場を果たした。近年は緑に囲まれた住まいの魅力に着目し、芳香療法・芸術療法・森林療法・食事療法・園芸療法の5つからなる住まい方療法を提唱。そして、特にガーデンに特化した療法として開発したのが「ガーデンセラピー」だ。

 「ガーデンは日本語だと『庭』だが、本来の意味はもっと広く、旧約聖書では理想郷として『エデンの園(Garden of Eden)』が登場。つまり、ガーデンは自然とのつながりの象徴であり、文明や文化そのものなのだが、現代人は都市化と共に自然から遠ざかってしまった。これがさまざまな不調の原因ではないかと考え、再び自然とのかかわりを見直そうという思いからガーデンセラピーを提唱するに至った」

季節の移り変わりを存分に楽しめるように設計されたガーデン。自然と人が集い、誰もが穏やかな表情を浮かべる(写真提供:高岡伸夫氏)

 ガーデンセラピーとは住まいに植物を取り入れ、日常的にさまざまなカタチで自然と接することにより、健康な暮らしと健康寿命の増進を実現する療法のこと。高岡氏の自宅にあるガーデンはまさにそのコンセプトを体現するような場所だ。敷地には四季折々で多様な表情を見せる樹木が植わり、木漏れ日が心地よいテラスには地域に暮らす人々が自然と集って交流している。