北⾥⼤学発のスタートアップであるPhysiologas Technologies。「在宅透析」に向けた装置を開発するスタートアップだ。その装置は、給⽔配管・排⽔配管が不要かつ小型であることが特徴。在宅透析向け装置を開発する企業は海外で登場してきているものの、⽔道配管レスの装置開発に成功すれば「世界初になる」(同社)という。このほど1億4000万円のシードラウンド資⾦調達を完了したばかりの同社に話を聞いた(関連記事:「在宅透析」目指す北里大発スタートアップ、資金調達でプロトタイプ開発へ)。

 「医療機関で透析を受けると浴槽一杯に近い毎回120Lの水を使う必要があるが、それを5L以下に減らすことを可能にする新しい透析のデバイスを開発している」。2020年3月に北里大学発のベンチャーとして創業したPhysiologas Technologies(以下、フィジオロガス)取締役の小久保謙一氏はこう話す。

 小久保氏は北里大学医療衛生学部(臨床工学)の准教授。フィジオロガスは小久保氏の研究成果を基に設立された会社で、小久保氏自身、取締役として経営にも参画する。

小久保謙一氏(写真:秋元 忍、以下同)
小久保謙一氏(写真:秋元 忍、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 現在、国内で透析治療を受ける慢性腎臓病患者の数は約34万人に上る。多くの場合、患者は医療機関に週に3回通院して1回当たり4時間ほどの血液透析治療を受け続ける必要がある。

 医療機関には大型の血液透析装置が設置されており、治療に必要な透析液は、水処理装置を通った綺麗な水と透析剤を混ぜて作成する。透析液は再利用できないため、大量の水が必要となる。

 フィジオロガスが実現を目指すのは、透析液を再利用し、大量の水を不要とすること。そうして、透析治療をわざわざ通院しなくても、自宅で受けやすくすることだ。

 「在宅で血液透析を受けることで、通院の必要がなくなり生活の自由が増える。透析回数も増やしやすくなり体の毒素が十分に除去されて体調もよくなる。結果、透析治療導入前と同じ水準のQOLを保てる」と、小久保氏は期待を込める。