健常と認知症の中間である「軽度認知障害(MCI)」。2025年には国内700万人に達する見込みだ。放っておけばこのうちの半数が認知症に移行すると言われるが、早期発見と早期治療で進行を遅らせたり重症化を和らげたりすることができるという。診断の技術も進み、早期発見のチャンスは広がっている。「しかし早期発見だけでは『早期絶望』につながるだけ」と認知症専門医の新井平伊氏は警鐘をならす。そんな第一人者が立ち上げた「健脳カフェ」。認知症予防の新時代を見つめた戦略を聞いた。

健脳カフェのロビー(写真:末並 俊司、以下同)

早期発見の技術革新

 認知症とはアルツハイマー病やレビー小体型認知症、血管性認知症など、いくつかの病気の総称である。患者のうち半分以上はアルツハイマー病による認知症だ。脳の中にアミロイドβという物質が蓄積されることで発症すると言われる。

 認知症の治療・予防の第一人者として知られる新井平伊氏はアミロイドβの蓄積過程に早くから注目していた。

 「アルツハイマー病による認知症は、MCIから移行しだんだんと重症化していくわけですが、多くは20年くらいかけて徐々に進行していきます。ただ、早期に介入することで一定程度発症を遅らせたり、症状の進行を緩やかにしたりできます」(新井氏)

 当たり前のことではあるが、治療の前にはきちんとした診断が不可欠だ。有効な予防法・治療法があっても、診断が間違っていれば効果はない。同じ認知症でもアルツハイマー病とレビー小体型認知症では治療方法も違う。

 正確に診断するために、最近特に注目されているのが「アミロイドPET」と言われる方法だ。特殊な薬品でアミロイドβを染色し、蓄積量を測るものである。がんのPET検診と同様の技術だ。新井平伊氏が院長を務めるアルツクリニック東京では、2019年に世界に先駆けて、アミロイドPET検査を採用した「健脳ドック」をスタートし注目された。

認知症専門医の新井平伊氏

 「アミロイドPET検査で症状が出る前からアミロイドβの蓄積のほどがわかるようになったことで、より早期の発見が可能になってきました。ただ、早期発見だけでその後の治療、予防の手立てがなければ『早期絶望』につながってしまいます」(新井氏)