バイタルデータを計測するスマートウォッチやスマートトラッカー(活動量計)はすっかりおなじみになったが、煩わしいのが充電作業だ。こうした課題に対して、充電不要のトラッカーがいよいよ登場する。メディロムが実用化する「MOTHER Bracelet(マザー ブレスレット)」だ。体温による「温度差発電」と太陽光発電により電力を得るのが特徴。さらに、SDK(ソフトウエア開発キット)を開放することで、用途別アプリの拡大にも力を入れている。24時間連続着用が可能になり、他社による業務用アプリなどの開発がしやすくなることで、新薬開発やリハビリなどの治療方法の検証といった医療分野での活用にも期待が集まる。

 まずは、クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて、MOTHER Braceletの先行予約が2021年7月7日に始まった。一般販売予定価格を4万4000円(税込)としており、2021年末の出荷を予定している。同サイトでは初日で400人からの支援を得て応援購入金額が2000万円を突破するなど、注目を集めている。

充電不要の「MOTHER Bracelet (マザー ブレスレット)」(プロトタイプのため、最終製品とは異なる可能性がある)。同トラッカーは熱電変換による「温度差発電」と太陽光発電による電力で動く(撮影:加藤 康、以下同)

 このデバイスを開発したメディロムは、リラクゼーションサロン「Re.Ra.Ku」を展開するスタートアップ企業。数年前に本格的にヘルステック領域に参入し、今回の製品開発を進めていた(開発の経緯などは後編記事を参照)。