今のところ根本的な治療薬や治療方法が見つかっていない認知症。加齢にともなって確実に増加する病気だが、早期に発見すればその後の病状の悪化をなだらかにする方法はいくつもある。ただ認知症を正確に診断するのは、実は容易ではない。医師と対面し、いくつかの質問に答えてもらう方式が一般的だが、拒否反応を示す人も少なくない。認知症診断の世界に大きな革命をもたらすかもしれない新技術に注目が集まる。

 毎年夏に行われる日本メンズ・ヘルス医学会(大阪府大阪市)が今年も7月13~14日に開催された。メンズ・ヘルスだけにこだわらず、様々な方面から意欲的な研究発表が行われた。なかでも注目度が高かったのが、大阪大学大学院医学系研究科 准教授の武田朱公氏が行った講演だ。

 JVCケンウッドとの共同研究の内容は、被験者がモニターを“見るだけ”の認知症検査だ。既成概念を壊すその研究に俄然興味が湧く。

講演中の大阪大学大学院医学系研究科 准教授の武田朱公氏(撮影:末並 俊司)

 認知症の有病率は加齢にともない確実に増加する。70歳を過ぎると目に見えて増加しはじめ、80歳代の前半ではおよそ10~15%が認知症の何かしらの症状を持っていると言われる。そして80歳代の後半では15~25%。90歳以降になると、およそ30%が認知症に罹患する。

 厚生労働省の推計では、2025年には認知症者数が700万人を超える。65歳以上の実に5人に1人という計算だ。

 これらの数字の元になっているのが認知症検査。専門の医師と対面し、15~20分ほどの質疑と応答で行われる。

「年はおいくつですか」
「今日は何年の何月何日何曜日ですか」
「今私達がいるのはどこですか」
「これから言う3つの言葉を覚えてください。後でまた聞きます」(例:桜、電車、犬)
「100から7を引いてください」

 我が国で最も一般的と言われる「長谷川式認知機能検査」の質問内容だ。丁寧に上から順番に質問するケースもあれば、医師との何気ない会話のなかに織り交ぜることもある。

 どちらにしろ、こうしたいくつかの質問を被験者に投げかけ、回答から30点満点のスコアが割り出される。20点以下は認知症の疑いが高いとされ、認知症であることが確定している場合は20点以上で軽度、11~19点の場合は中等度、10点以下で高度の判定となる。