マスクをしていると口元や表情が見えにくく、コミュ二ケーションを阻害する。コロナ禍を背景に、聞こえにくさを視覚で補っている聴覚障害者から、こんな指摘を耳にする機会が増えている。こうした課題を解決するために開発されたのが、ソースネクストの「ポケトークmimi/タブレットmimi」だ。これらは、同社が手掛けてきた音声翻訳機である「ポケトーク」から派生した“AIボイス筆談機”。日本語の発話を日本語のテキストで表示するこの製品、専用端末ならではの機能性が評判を呼んでいる。

 話している相手の口元の動きや表情、身振りなどから話の内容を読み取ることを「読話(どくわ)」という。聴覚障害者や加齢性難聴等で聴力に課題を抱える人にとって、読話は会話の内容を知るための大切なコミュニケーション手段の1つだ。

 しかし、現在はコロナ禍でマスク着用が常態化。透明のマウスガードやフェースシールドなどが出回っているものの、感染症対策には不織布マスクが推奨され、読話が難しいことが多い。読話以外では手話や筆談といった手段もあるが、手話は使いこなせる人が限られ、筆談は書くのに時間がかかってしまう。

 こうした課題に対応するのが、ソースネクストのAIボイス筆談機「ポケトークmimi/タブレットmimi」だ。

ソースネクスト 執行役員 製品企画Group責任者 杉浦圭祐氏(撮影:武藤 奈緒美、以下同)
ソースネクスト 執行役員 製品企画Group責任者 杉浦圭祐氏(撮影:武藤 奈緒美、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 同製品の元になったのは多言語対応の通訳デバイス「ポケトーク」だ。端末に向けて話した言葉が入力情報となり、クラウド上の人工知能(AI)で情報解析し、翻訳された音声とテキストデータが出力される。例えば、日本語で話した内容が、英語に翻訳されるといった使い方だ。クラウドで処理するため、使用する際には通信環境が必要だが、音声入力から音声・テキスト出力までの時間が短く、ストレスは感じない。

 ポケトークは既に販売台数80万台超の人気製品に成長した。ところが、ユーザーアンケートを実施したところ、回答者全体のうち1.5%が日本語から日本語に“通訳”している。詳しく調べてみると、聴覚に課題がある人たちが筆談機の代わりとして使っていることが分かり、「これが製品化のきっかけ」だと、ソースネクスト執行役員の杉浦圭祐氏は語る。

 「実は弊社の松田(憲幸代表取締役会長兼CEO)の母親が高齢により重度の難聴で、その使い方に共感しました。ただ、ポケトークはポータビリティ重視で小さく、ご高齢者の中にはディスプレイの文字が読みにくい方も。そこでタブレット型のプロトタイプをつくり、松田が試したところコミュニケーションが円滑になり、本格的に製品化を検討することになりました」(杉浦氏)