AIを使って不妊治療を戦略的にサポートする──。そんな不妊治療データのAI検索サービス「cocoromi(こころみ)」を手掛けているのがスタートアップのvivolaだ。2020年6月15日、体外受精を検討する夫婦に向けて無料提供を開始した。同サービスはなぜ生まれたのか――。

 cocoromiは、体外受精で妊娠した女性のデータを基にした不妊治療向けの治療検索サービスである。体外受精で妊娠した女性のデータが約1000人分登録されており、採卵や移植の平均回数、治療にかかる期間や費用などの体外受精に関する統計データを閲覧することができる。

 AIを使って、自分と似ている人が体外受精で妊娠に至るまでのデータを検索し、参照することも可能だ。自分と似ている同質性データの抽出には、年齢と妊娠に関係する疾患の有無、発育過程の卵胞から分泌されるホルモンである「AMH(抗ミュラー管ホルモン)」の値を使用する。同年8月には、LINEアプリのオープンチャットを使って不妊に関する情報交換ができる機能も設ける予定だ。

「cocoromi」サービスのイメージ(出所:vivola)

 開発のきっかけは、「不妊治療について客観的な公開データが少なかったから」とvivola 代表取締役CEOの角田夕香里氏は説明する。そのため、今受けている治療が自分の年齢や体質に適しているのか疑問に思っても、客観的に判断するための参照データを見つけることが難しかったのだ。

 そもそも、患者が生殖医療を体系的に理解することは難しく、同社によると、体外受精経験のある300組の夫婦を対象にしたアンケートでは、「治療方法について理解していた」と答えたのは3割にとどまり、残りの7割が「わからないまま治療を受けていた」と答えたという。