東京五輪のプレイベントとして行われた「オリンピック・バーチャルシリーズ*1」(2021年5月13日~6月23日)など、昨今eスポーツの認知度は高まる一方だ。そんななか、秋田県で65歳以上限定のeスポーツチームが誕生する。その名も「マタギスナイパーズ」。将来的にはプロを目指し、現在は週に一度のトレーニングに汗を流す。その取り組みを取材した。

*1 野球、自転車競技、ボート競技、セーリング、モータースポーツの5つの分野で競い合う世界のゲーマーを巻き込んだ eスポーツイベント。

トレーニングを行う「マタギスナイパーズ」(写真提供:エスツー、以下同)

 7月某日、秋田県秋田市にある秋田県eスポーツ連合トレーニングセンターに集結した男女10人。平均年齢は68歳だ。彼らの目的はひとつ。eスポーツの腕を磨くことだ。

 参加者のひとり、69歳の男性HOKhodono さんは「もともとeスポーツに興味があったことに加え、秋田を盛り上げたいという理念に賛同して参加を決めた」と語る。

 主催するのは秋田市内に本社を構えるIT企業、エスツーだ。同社総務部長の緒方無双氏に聞いた。

エスツー総務部長の緒方無双氏

 「弊社はサーバーの運営やシステム構築などITのインフラを扱う会社です。2018年にある企業のeスポーツ関連のプラットホームを作るお手伝いをしたことから、eスポーツというものを研究するようになりました」(緒方氏)

 また、eスポーツへの取り組みについては社内環境も大きく影響したという。

 「私は今年53歳で、社内では3番目に高齢ですが(笑)、会社全体の平均年齢は30歳を少し上回ったくらいです。そういう年代は『飲み会をやるぞ』と声かけするより『ゲームイベントをやるぞ』って誘ったほうが参加率が高いんです」(緒方氏)