近年、増加傾向の発達障害の一つに自閉症スペクトラム障害がある。患者は匂い、光、音などの特定の感覚に過敏あるいは鈍感だったり、身振りや言葉でのコミュニケーションが困難だったりする。このため、日常生活で強いストレスを感じやすく、そのような場面では頭突きなどの自傷行為や強いかんしゃく、噛みつきなどの攻撃性を示すことがある。これらの症状は「易刺激性」と総称される。

本人のみならず、家族にとっても辛いこれらの症状が「水溶性食物繊維の摂取」という食からのアプローチで軽減できた──。そんな研究結果を京都府立大学大学院生命環境科学研究科の井上亮氏らが報告した。食から自閉症治療に挑む研究の一つであり、話題の「脳腸相関」ともつながる、興味深い報告だ。

 対人コミュニケーション障害と繰り返し行動、興味や関心へのこだわりの強さなどを中核症状とする発達障害、自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder=ASD)。医療現場では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害を包括してASDと総称しているが、知能や会話能力、症状の現れ方には個人差が大きい。これまでの研究で、ASDでは脳や神経伝達物質になんらかの異常があること、家族や兄弟間で遺伝する素因があることなどがわかってきている。

 米国小児科学会によると、ASD児は1990年前半から増加傾向にあり、88人に1人の子どもに認められ、男児の比率は女児の4倍とされる(※1)。日本でも、公立小中学校で通級(通常の学級に在籍しながら個別の特別支援教育を受ける)による指導を受けている自閉症児は10年で4倍に、と大きく増加している(図1)。

※1 American Academy of Pediatrics 2NDEDITION

図1●自閉症児は10年で4倍に
通常学級に通いながら個別の特別支援教育を受ける自閉症児は10年で4倍になっている。平成29年度の自閉症の小学生は1万6738人、中学生は2830人(出所:文部科学省「平成29年度通級による指導実施状況調査結果について」)