富山県高岡市にあるイオン高岡店では、1日2回、近隣住民向けに体操の会を催している。高齢の来店客が多く来店頻度も高いことから、新任店長が「こうしたお客様に何か価値のあることを提供したい」と考え、高岡市の担当部署と相談、賛同・支援を得て始めたものだ。地域の様々な組織とも連携し健康関連のイベントの開催にもつながった。コロナ禍による中断を乗り越えて、高齢者の健康づくり・介護予防、さらには居場所づくりにも貢献している。

 毎朝9時半になると、イオン高岡店ではおなじみラジオ体操のメロディが流れる。ラジオ体操第1、第2に続き、9時45分から10時までは高岡市が開発した独自の健康体操なども実施。2019年7月からスタートした公民連携の取り組みで、多い時には高齢者を中心に約40人が、1階のサービスカウンター横のスペースで音楽に合わせて体を動かす。

ラジオ体操(写真左)および高岡市が開発した健康体操(写真右)で体を動かす参加者。市の健康体操は、高齢者向きに椅子に座ってもできるようになっている。(写真:2点ともイオンリテール)
イオン高岡店での体操の実施場所(赤枠のカ所)(資料:イオンリテール)

 2020年3月にはコロナ禍で中止せざるを得なかったが、買い物に訪れる参加者からは再開を求める声が相次いで寄せられた。そこで高岡店は、イオングループが専門家の知見を基に制定した「イオン防疫プロトコル」を順守し、アルコール消毒やマスク着用といった感染対策を行ったうえで、同年7月に再開に踏み切った。そして11月には、参加者の要望を受け、朝に加えて15時15分からの2度目も実施している。