日本国際交流センター(JCIE)と東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)は、健康長寿の実現や高齢者ケアの品質向上に資する取り組みを表彰する「第1回アジア健康長寿イノベーション賞」の受賞団体を決定し、受賞発表式を2020年7月31日に開催した。日本を含むアジア12カ国・地域から134件の応募があり、大賞にタイとベトナム、日本の3団体が、準大賞にはタイと日本、インドネシア、韓国、マレーシア、ベトナムの7団体が選ばれた。

 アジア健康長寿イノベーション賞は、日本政府によるアジア健康構想(Asia Health and Wellbeing Initiative:AHWIN)の一環として、JCIEとERIAが創設した事業。「テクノロジー&イノベーション」「コミュニティ」「自立支援」の3部門を設け、高齢化によるさまざまな課題を解決する革新的なプログラムやサービス、製品、政策を表彰する。

JCIE理事長の大河原昭夫氏(出所:発表会のスクリーンショット)
ERIA事務総長の西村英俊氏(出所:発表会のスクリーンショット)

 JCIE理事長の大河原昭夫氏は「アジア全域で急速に高齢化が進む中、互いに事例やノウハウを学び合う必要がある」として、「優れた取り組みを発掘し、知見をアジア地域内で共有・拡大したい」と、同事業の目標を述べた。

 大賞を受賞した3団体は次の通り。テクノロジー&イノベーション部門は、モバイル・アプリを用いて低所得層向け在宅ケア事業を展開するタイの高齢者発展財団(Foundation for Older Person’s Development、以下FOPDEV)。コミュニティ部門は、さまざまな世代間の交流によって高齢者の社会参加を促すベトナムのヘルプエイジ・インターナショナル・ベトナム(HelpAge International in Vietnam:HAIV)。自立支援部門は、病院と自治体が協力して脳卒中の再発予防を支援する長野県駒ヶ根市である。

「テクノロジー&イノベーション部門」で大賞を受賞したタイの高齢者発展財団(出所:JCIE・ERIA)
「コミュニティ部門」で大賞を受賞したベトナムのヘルプエイジ・インターナショナル・ベトナム(出所:JCIE・ERIA)
「自立支援部門」で大賞を受賞した長野県駒ヶ根市の市長・伊藤祐三氏(左)と昭和以南総合病院の院長・村岡紳介氏(右)(出所:JCIE・ERIA)

 以降では大賞3団体の取り組みの詳細を紹介していこう。