あのキユーピーが、がん発症リスク判定サービスの事業化を目指している。2020年7月には、マイクロRNA(がんの増殖や転移に深く関わっている分子)の測定装置に関する研究を東京家政大学と共同で進めると発表した(関連記事:あのキユーピー、がん発症リスク判定サービス事業化を目指す)。

実は同社では、食でがんを予防する研究を2013年に開始。2018年には将来の発がんリスクを判定する研究を始めていた。食品メーカーの立場から、どのような立ち位置でがん発症リスク判定サービス事業にかかわっていくのか。同社 研究開発本部 グループR&D推進部 未病改善プロジェクトチーム チームリーダーの河野純範氏と同 コーポレート・サイエンティストの大塚蔵嵩氏に話を聞いた。

インタビューに応じたキユーピーの河野氏。大塚氏はオンラインで参加(写真:小口 正貴)

がん発症リスク判定サービスに取り組むことになったきっかけは。

河野氏 マイクロRNAとがんの関係性の研究で知られる落谷孝広教授(東京医科大学 医学総合研究所)との出会いがきっかけです。落谷先生が国立がん研究センターで勤務されていた際に、がん関連の研究でキユーピーとしてご一緒させてもらいました。

 ご存じのように落谷先生はがんリスクの早期判定研究のパイオニアであり、1滴の血液から13種類のがんを検出する技術を2019年末に発表しました(関連記事:「血液1滴で13種がん検出」、実用化が目前に)。落谷先生はさまざまな企業やアカデミアと連携していますが、キユーピーもその1社。2013年から共同研究を進めてきました。弊社の大塚(蔵嵩氏)が落谷先生と連携して研究を続けています。