コンピュータゲーム上での対戦競技「eスポーツ」。海外ではプロeスポーツプレーヤーの活躍ぶりが注目を集めている。ここ日本でもNTT東日本グループなどの大手企業がeスポーツ分野に参入し、にわかに活況を呈してきた。オランダの調査会社Newzooは2020年のeスポーツの世界市場は10億5930万米ドル(約1130億円)と予測しており、期待度の高さが伺える。そんな中、病気や障害を持つ人のeスポーツへの参加を支援し、日本に広げようという団体が、2020年4月に設立された。一般社団法人ユニバーサルeスポーツネットワーク(ユニーズ)だ。

左から一般社団法人ユニバーサルeスポーツネットワーク(ユニーズ)代表理事の田中栄一氏、専務理事の久保秀一氏、理事兼事務局長の大海恵聖氏(写真提供:ユニバーサルeスポーツネットワーク)

 ユニーズの代表理事は田中栄一氏。国立病院機構北海道医療センター(札幌市)に作業療法士として勤務している。1990年代からコンピュータゲームをリハビリに取り入れてきた。

 田中氏がゲームに関わるようになったきっかけは、国立病院機構八雲病院での勤務経験。同病院は小児期発症の神経筋疾患を専門とした北海道随一の病院だった(筆者注:八雲病院は老朽化のためこの8月末に閉院となり、その機能と患者は今夏から順次、北海道医療センターと国立病院機構函館病院(函館市)に引き継がれている)。

 ゲームをプレーしたいと望む若い患者たちの要望に応じて、田中氏ら支援スタッフは、様々な工夫を凝らしてきた。筋ジストロフィーなど神経筋疾患系の病気は、時の経過とともに筋力が徐々に落ちていく。そこで、筋力を補ったり、代替手段を用意したりすることが主軸となる。例えば、ゲーム機のコントローラーを改造し、指の小さな力で操作できるようにする。あるいは、キーボードやマウスの代わりに視線入力や音声入力を使う。コントローラーに外付けする自助具や、マイコンや3Dプリンターを駆使してデバイスを自作することもある。

 「患者さんは身体を大きく動かすことは困難。そんな患者さんたちにとって、コンピュータゲームの世界は非常にマッチする」と田中氏は語る。

 神経難病の患者は病気の性質上、病院内に引きこもりがちになる傾向があるという。しかし、ゲームができるようになった患者たちには一転、「外の世界」への扉が開かれる。患者たちは、熟達、探索、協働といった要素を持つゲームのプレーを通じて、自らの可能性を見いだせる。そのうえ、ゲームという共通の土台を通じて、病院内外のプレーヤーたちとコミュニケーションが取れるようになる。

 田中氏は「ゲームをプレーし、健常者とオンライン上で対戦までこなすような患者たちと一緒にいると、本当に学ぶことが多い。そして彼らが自らの可能性を見いだしていく姿を見ていると、本当にうれしい気持ちになる」と語る。

 「僕はゲームに救われた」と語るのは、吉成健太朗氏。生まれつき脊髄性筋萎縮症(SMA)を持ち、八雲病院で治療を受け続けてきた吉成氏は、田中氏とは10年以上の付き合いになるという。吉成氏は田中氏らスタッフの協力を得つつ、ゲームとeスポーツを楽しむ。また、自ら試してきたゲームをプレー可能にするための情報やノウハウを、自身のWebサイト「AGLGamers(アグルゲーマーズ、https://aglgamers.com/)」やメディアなどを通じて発信し続けている。なお、患者有志によるプロジェクト「ゲームやろうぜProject」(https://www.gyp55.com/)のWebサイトにも情報やノウハウが載せられている。

 吉成氏はゲームおよびeスポーツに対して、どのような思いを持っているのか。まずは彼の話を聞いてみよう。

「できる可能性が広がった」 吉成健太朗氏

ユニーズの田中氏いわく、「病院内で最もゲームが上手い」という吉成氏は24歳(取材時)。東京都と北海道北見市に拠点を置く企業・テレワークマネジメントに社員として所属しており、テレワークで業務に従事。障害者のテレワーク雇用を進めたい企業への導入支援などを手掛けている。

 「純粋にゲームが好きなんです」と開口一番に語る吉成氏は、eスポーツの大会で受賞経験がある岡山県共生高校のeスポーツチームとも対戦したことがある。「ゲームに救われた」と強調する同氏に、ゲームおよびeスポーツの意味と可能性を聞いた。

筆者によるリモートインタビューに対応する吉成氏(写真提供:田中氏)

吉成さんにとって、ゲームおよびeスポーツはどのような意味がある活動対象なのでしょうか。

吉成 サッカーや野球などのスポーツは、私たちにはできません。けれどもコンピュータゲームは、私たちにもできる。

 病気や障害を持っていると、何かと「私にはできない」と諦めがちです。しかも私が持っているような病気の場合は次第に身体が動きにくくなり、できることが減り、できなくなることが増えていきますから、ますます諦めがちになります。

 しかし、ゲームの世界では違います。努力を重ねることで熟達し、できることが増えるからです。また、ゲーム上で他のプレーヤーとコミュニケーションをしたり、仲間同士でチームを組んで課題を乗り越えていくという体験もできます。つまり、病気や障害があったとしても、ゲームやeスポーツは工夫次第でプレーできるようになります。これは私たちにとって、非常に大きい、意味があることです。

今後のご活動の展望や目標はありますか。

吉成 何よりも、(病気や障害を持っていても)「できる」ということを広く知らせていきたいですね。eスポーツ自体は一般にも認知が広がってきましたが、病気や障害を持つ人もプレーしているということは知られていません。

 おそらく、潜在的にはゲームひいてはeスポーツをしたいけれどもどうして良いのかわからない、あるいは、その意欲を最初から心の奥にしまい込んでしまっている人は多くいらっしゃるはずです。そこで、障害者がゲームやeスポーツをプレーする際にどんなことが必要となるのか、情報を届けていきたいと考えています。

好きなゲームのタイトルと、その魅力について教えてください。

吉成 特に好きなのは「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」ですね。これはチームでプレーするところがポイントです(筆者注:リーグ・オブ・レジェンドは米ライアットゲームズが開発・提供しているオンライン対戦ゲームで、世界で1億人以上がプレーしているとされる。複数のプレーヤーが2つのチームに分かれて対戦し、相手チームの拠点を制圧する。その競技性の高さから、eスポーツ大会のゲームタイトルとして採用されることも多い)。

 プレーヤーは、チームの中で個別の役割を担いながらゲームを進めていきます。役割をしっかり果たし、協力し合うことで相手に勝てる。そして評価を受けられる。これは私たちにとって、非常に大きな体験なんです。