シェフでもあり医師でもある「シェフドクター」。現在、世界には20人ほどいるという。そんなシェフドクターの一人、ロバート・グラハム氏にインタビューする機会を得た。「医食同源」をキーワードに様々な活動を展開するグラハム氏は、「日本が元々持っている食文化の良き側面に目を向けてほしい」と語る。

ロバート・グラハム氏 FRESH Med代表
米ストーニーブルック大学医療センター医学部で医学の学位を取得、ハーバード大学公衆衛生大学院で公衆衛生学の修士号を取得。料理学校の米Natural Gourmet Instituteを修了し、世界で約20人のシェフドクターの一人に。医師に健康的な料理を作る方法を教え、2010年には米ウォールストリートジャーナルの「キッチンで医師に健康になる方法を教える」という記事で取り上げられる。2012年には病院でヨガや瞑想などを取り入れた健康プログラムを開始。2013年にニューヨークのレノックスヒル病院の屋上庭園で野菜の栽培を始める。2015年には米国のカンファレンス「TEDxManhattan」で「FARE WELLNESS : Back to Our Roots」というプレゼンテーションを実施し、統合医療と伝統医学を現代の医療健康システムに取り入れる自らの試みを説明した。2016年に医療プログラム「FRESH MEDICINE」を開始。「料理医学」と称して「フードファースト」の生活スタイルおよび新しい医療健康モデルの提唱者として活動している(写真:著者)

世界でも数少ないシェフドクターとして、食と医療を結びつけた活動を幅広く展開しているそうですね。まずはメインの活動である「FRESH MEDICINE」についてうかがえますか。

グラハム FRESH MEDICINEは「医食同源」の考え方をベースにした個人や企業向けのプログラムです。ここでのFRESHは私の造語で、食事(Food)、リラクゼーション(Relaxation)、運動(Exercise)、睡眠(Sleep)、幸福(Happiness)といった5つのアプローチを統合して健康を目指すという考え方です。

 手法としては、現代医療、それから鍼などの伝統療法を組み合わせて、ホリスティック(全体的)かつウェルビーイング(心身共に健康的であること)の観点から、総合的に治療やアドバイスを提供します。瞑想やヨガなど精神的なアプローチも推奨しています。

 提供形態は主に2つあります。1つは、私をはじめとした医師が患者に対して1対1でサービスを提供するものです。医学的な知見からアドバイスをしますが、薬を提供する際にも、ちゃんとその背景となる情報を提供します。というのは、薬を出すにしても、なぜその薬が必要なのかという情報が必要だからです。そして薬がすべてではありません。治療と同じくらい、健康に関する情報を提供し、健康に関する行動を習慣づけてもらうことを重視しています。

 もう1つは法人向けで、多くの場合、最初に経営トップと私で1対1のミーティングを持ちます。そのミーティングでは、従業員に健康に関する正しい知識や動機づけを持ってもらうにはどうしたら良いかといった相談から始めます。

 日本企業も同じだと思うのですが、実は米国企業の間でも、従業員の健康問題は非常に重要視されつつあって、企業向けのプログラムにはニーズがあるんです。最近CWO(Chief Wellness Officer)を設置する企業が増えていますが、私も企業でそれに類する役割をしていた経験があります。

 もっとたくさんの企業の声に応えられるようにと、最近はオンラインプログラムも開始しました。こちらはネットを通じてFRESH MEDICINEの考え方を学べるものです。これで従業員が席に居ながらにして直接学べます。