前編に続き、東大先端技術研究センター 稲見・檜山研究室の超高齢社会における先端技術の活用について見ていく。後編ではバーチャルリアリティの技術を使った生きがい創出の実際の現場にお邪魔した。稲見・檜山研究室に所属する学術支援専門職員の登嶋健太氏に案内役としてご登場いただく。

 高校を卒業後、整骨院で施術にあたる柔道整復師として活動していた登嶋氏は、「ある時期から整骨院に通ってくるお年寄りたちの話に興味を持つようになったのです」と語る。

 「若い体育会の学生などもくるのですが、毎日のように通っていらっしゃるお年寄りたちのことのほうが気になり始めた。5年ほど前から、◯◯さんは転んで入院しちゃったよとか、寝たきりになって介護施設に入ったよとか。そういう話を聞かされると他人事ではないような気分になってきたのです」(登嶋氏)

東京大学先端科学研究センター学術支援専門職員の登嶋健太氏(写真:末並 俊司、以下同)

 そうしたこともあり、登嶋氏は介護施設の機能訓練指導員として活動するようになったという。もともとITなどの分野に興味のあった登嶋氏は、2016年ころから、バーチャルリアリティ(VR)を使った心のリハビリの可能性を探るようになった。

 「2016年はVR元年と言われたりしました。数万円の資金があれば、360度カメラで撮ってきた映像をスマホや簡単なVRゴーグルで提供できるようになってきたのです。そうした背景もあり、まずは自分ひとりで撮ってきた映像をお年寄りの方々に見ていただく、という活動を独自に始めたのです」(登嶋氏)

 当時登嶋氏が勤めていたのは介護予防に特化したデイサービスの事業所だった。比較的元気なお年寄りが集まるデイサービスではあったが、身体機能を向上させるのは容易なことではない。

 「介護サービスを提供する場合、最初にケアプランを作ります。例えば『杖をついてでもひとりで外出できるようになりたい』とか『ゆくゆくは旅行に行けるようになりたい』とか、そうした要望を聞いてプランを作ります。はじめは『◯◯できるようになりたい』というキラキラした想いがあるのですが、毎日リハビリをやってくなかで、このモチベーションを維持していただくのはすごく難しい」(登嶋氏)