従業員の健康管理を経営的視点から捉える「健康経営」に取り組む企業が増え、その推進に向けたツールも続々と登場してきている。

 アポロン(愛知県稲沢市)が提供する「ウェアラブルセンサーBIT(Bio Information Tracer:生体情報追跡装置)による生体内面健診システム」もその1つ。メモリ型のBITと電極シートを胸部に貼り付け、計測したバイタルデータを解析アプリケーションのBITAS(BIT Analysis Software)で解析する。

 BITに搭載されている生体センサーは、心電計、温度計(赤外線温度センサー)、3軸加速度計の3つ。心電計からは自律神経の状態や呼吸数、心拍数、脈拍などを測定。温度計からは皮膚温度。そして胸骨の動きを物理的に測定する3軸加速度計からは、移動速度や距離、姿勢、位置、運動量、エネルギー消費量などの情報を得ることができる。

新しいウェアラブルセンサー「BIT」と、BITで計測した各種バイタルデータ。BITは5cm角で厚さ1.5cm、重さは37g。電極シートを胸部に貼り付け、バイタルデータを計測する。モニタに映し出されているのは、その解析結果の一部。BIT1台で、心臓の拍動の間隔(R-R間隔)や交感神経活動、副交感神経活動、平均心拍数、呼吸数、消費エネルギー、皮膚温度、姿勢、睡眠時無呼吸などが分かる(写真:新関 雅士)

 本体は5cm角で厚さ1.5cm、重さは37gと小型・軽量、防水で、電力消費量はごくわずか。24時間装着したまま入浴や睡眠も可能で、身に着けている感覚を忘れていられる。記録したデータはUSBでパソコンに取り込み、診断結果をアウトプットする。

 心拍数や活動量を計測できるウエアラブル端末は従来からあった。では、このシステムならではの特徴は何なのか。

 「最大の特徴は、自律神経のバランスやストレス度、睡眠の質といった『心や眠りの健康状態』の変化をトレースできることだ」。アポロンと連携して健診システムの開発にあたった医師の島田祥士氏(細谷たかさきクリニック院長)は、そう説明する。

健診システムの開発にあたった医師の島田氏。「BIT」は、各個人の過去のイベントを忠実に記録できることから、健康経営推進をサポートする有効なツールと説明する。(写真:新関 雅士)